パソコン寄付のお願いとショートカット操作はいいぞというお話

こんばんわ。くらげです。



パソコンください

先日からメインパソコンの異音が激しく、そろそろ寿命かと覚悟しているのですが、買い換えるお金がありません。誰かOS無しで良いのでパソコン譲ってくれませんか。デスクトップの本体だけでいいんです・・・。送料負担または引き取りに行きますので・・・。特典として自著「ボクの彼女は発達障害」の1、2巻セットをサイン付きでプレゼントいたします・・・。

ショートカットはいいぞ

それはさておき、最近はキーボードだけでパソコンを動かす事にハマっています。要はショートカットを覚えてるだけなのですが、これがなかなか面白い。

以前からキーボード操作とマウス操作を一々切り替えるのが面倒でした。でも、ショートカット出出来ることは限られる覚える野めんどい、と思っていました。

しかし、キーボードしかないポメラでかなり楽に文章の編集が出来るので、パソコンの方もキーボードから手を離さず操作できたらイライラすることも減ると感じたのでイチからショートカットの勉強をしなおしました。

そうすると、意外とショートカットキーだけでいろいろなことが出来るものでして、以前に比べたらマウスに切り替えることが3分の1以下になりましたね。まだまだスムーズではないですが、少しずつPCの操作効率が上がっている感じです。

Emacsを使いたいです。

で、変なところで凝り性なボクなのですが、ショートカットキーに関しても変な風に発動しまして、「文章を作る作業すべてをキーボードだけで済ませてぇ」って欲求がむくむくふくれあがっていきます。

具体的なイメージとしては、調べ物も書くことも編集することも全部一つの画面でキーボード操作だけで済ませる。マウスを一切使わない。そういう事にあこがれています。

だいたいポメラでいいじゃない、とかあおはあきれているのですが、ポメラは文章を打つことについては最強でも、いかんせん調べ物は出来ない。なので、ポメラでテキストブラウザが動けばいいのにとか本当に思っていますね。

この条件に当てはまるのはLinuxで動くテキストエディタのEmacsなのですが、導入にハードルが高い。もうちょっと楽なのはないか、と調べてたら、ブラウザのFireFoxをキーボード操作で動かせるというものがある。早速導入したのですがなかなか面白いですね。サクサク調べ物が捗ってぜんぜん文章書きが進みません。

というわけで、今日もポメラでブログ原稿を作っています。駄目じゃん。

キーボードは良いに限る

ただ、キーボード操作をしていると、自分のタイピングがめちゃくちゃなのに気づきます。実質、人差し指でタイピングしていて、他の指がお留守。それは人差し指が炎症起こしますわな。ショートカットキーを使うとこの方法は非効率です。イチからホームポジションの練習をしたいですね。

あと、良いキーボードが欲しくなったので秋葉原に行ってきたのですが、これまだ気にしてなかったキータッチ感がキーボードによってぜんぜん違うなと。本気で打ちやすいキーボードが欲しいなら1万円は出さないと自分好みがないな、と。もちろん、そんなのを買う予算はないので2500円のそこそこのを買ってきましたけど。

発達障害を持っていると、ちょっとしたつまづきでも回復不可能なエラーになることがよくあります。ボクはマウスの操作が作業の阻害要素になっていると感じることがあり、それを改善しようと頑張っているのですが、手間も金もかかります。

でも、だいぶ方向性が見えてきて、うまくやればテキスト作成がかなり楽になるんではないか、と言う予感はあります。頑張ります。

というところで、今日はこれくらいで。では。

・・・。このブログのテーマを完全に見失ってます。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談
15151372_922612661202917_1424986504_n1 「ボクの彼女は発達障害」のくらげと寺島ヒロが再タッグ! ADHD・難聴のサラリーマン「くらげ」とアスペルガー症候群の漫画家「寺島ヒロ」が発達障害に関するエトセトラを傍若無人に放言しまくる対談集です。 発達障害あるあるネタをイラスト付きでお楽しみください!
【過去の記事をお得にお買い求めいただけるようになりました!】(各500円)
第1巻(1〜10話)
第2巻(11〜20話)
第3巻(21話〜30話)
第4巻(31話〜40話)