ADHD的な感性の豊かさとアウトライナーはいいぞというお話

こんばんわ。くらげです。ミニ飲み屋と化したこたつをご覧ください。玉こんにゃくに鶏肉の照り焼き、蕗の煮物、日本酒です。うまかったです。(語彙不足)

感性の豊かさ(?)

本日は以前から約束していた発達障害関係の知人との秘密会合に行って参りました。秘密会合の内容はまだ内緒。絶対内緒。

その会合にて「こうしたらどう?」「あ、こういう考えもあるっすね」とアイデアを機関銃の如くぶっぱなしていました。特に今日はこのちらばりを押さえるコンサータって薬の飲んでなかったから凄まじい勢いで色々思いつきましたね!

そしたら、くらげさんは感性と感度がすごい、すごくこちらの刺激になる、妄想が捗ると喜ばれました。まぁ、褒められたようです。でも、自分で手は動かさないことに定評があります。今回もとにかくアイデアをだしまくっただけで本筋の作業には絡みませぬ。

ボクはとにかくキーワードがはっきりすると周りがうんざりするほど連想ゲームでいろんなことを語り出しますね。今日は障害の話から宇宙移民論になったりしてましたよ。話飛びすぎ。

よくボクは「アイデアマン」とか「発想力が豊か」と言われますが、自分は感性がいいというか、頭の中がボクの部屋と同じようにとっちらかっているだけなんですね。

頭の中では乱雑にいろんなノートやメモ、本や書類が散らばっていてどの内容を拾い上げるかはかなり予測不可能です。

秘密会合の中で「くらげさんはブログ書くの速いですね」とも感心されましたが、頭の中で常に何かが渦巻いているので何か一つツボをおさえればあとはだいたい自動的に出てきます。このへんはほんとうにADHD気質ですね。まぁ、考えすぎて辛くなったりするんですけど。

あおはこのボクの特性をよく理解していて、ボクがヒートアップしてくるともう「はいはい」というマシーンになります。興味がないことはどうでもいいアスペルガー気質ですね。

アウトライナーはいいぞ

で、ボクがモノを考えるときはだいたいアウトライナーを使っています。アウトライナーとはを段落を簡単に操作できるアプリのことですが、これがボクの思考回路によく合っています。

とにかく思いついたことを何でも書いて、あとからまとめるのにすごく便利なんですね。とっちらかりを一つの意味のあるまとまりとして文章を作っているので、ボクのブログにはウトライナーが不可欠です。

ちなみにこの原稿をポメラのアウトライン機能を使って書いているいます。清水の舞台から飛び降りる覚悟でポメラを手に入れたのはアウトライン機能がついていたからなんです。

書けることを全部書いていって最後にまとめるのは本当に気持ちが良いモノです。この気持ちの良さのために文章を書いていると言えるくらいには。なので、皆さん、アウトラインやりましょうよ。おすすめはWorkfloyってやつです。ブラウザで扱えるので便利ですよ。

と布教したところで、今日はこれくらいで。でわ。