補聴器を紛失して補聴器に紐が生えたお話

こんばんわ。くらげです。

ボクは外出中は基本的に補聴器や人工内耳を外して歩いています。環境音でイライラするのと補聴器や人工内耳の圧迫感は実のところ苦手なためできるだけで装着していたくないんですね。外した補聴器等は平然とポケットに入れるという客観的には紛失しないのが不思議な危険な行為を20年続けているのですよね。

で、今回、久々にやらかしました。

昨日の夜、帰宅後に補聴器がない事に気づきまして、あおに「ないんけど」ど相談したら、「一度職場に戻って探してこい」と送り返されまして、職場に戻っても見つからない。あおに「金を振り絞って補聴器買え!」「振り絞っても赤字だわ!」とやりあってました。

で、本日は早朝に出勤して探しても見つからず「そろそろ死ぬときからな」と真剣に考えていたら他の課から「休憩室の棚の中にありました」と連絡がありました。なぜそんなところにあったのかは心底わからないのですが、とにかく見つかって良かったです。

なお、あおに「あったよー」と連絡しましたが未だに「前から言ってるだろうが!」と説教モードであり、仕事帰りに買ってきた子供用の補聴器紛失防止コードをプレゼントされました。「それ外したらぶっ殺すからね♡反省してね♡」とのことです。はい・・・。

補聴器用ヒモ

見た目がアレですがただでさえこういう細かいのを無くしやすいADHDなのでそれももう仕方ないかなぁ、と。ADHD的には「小さいもの」っていうのは鬼門ですねぇ。

でも、最近の耳穴型補聴器はとても小さいものもあり、「絶対無くすよなぁ」と不安になるのですが、大きな耳かけタイプでも紛失する時点でサイズの問題じゃないよね!HAHAHA!

流石に心身ともに疲労困憊したので本日は短めにで。ネット時間節約術の続きは明日こそ・・・。たぶん・・・。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談
15151372_922612661202917_1424986504_n1 「ボクの彼女は発達障害」のくらげと寺島ヒロが再タッグ! ADHD・難聴のサラリーマン「くらげ」とアスペルガー症候群の漫画家「寺島ヒロ」が発達障害に関するエトセトラを傍若無人に放言しまくる対談集です。 発達障害あるあるネタをイラスト付きでお楽しみください!
【過去の記事をお得にお買い求めいただけるようになりました!】(各500円)
第1巻(1〜10話)
第2巻(11〜20話)
第3巻(21話〜30話)
第4巻(31話〜40話)
スポンサーリンク
レクタングル(大)