【小ネタ】ショートショート即興コント「脳を吹き飛ばそう」ってお話

(アイキャッチ撮影 あお)

こんばんわ。くらげです。

本が届きました

発達障害は「身体の障害だ」と先日から叫んでおりますが、Amazonに注文していた「自閉症と感覚過敏―特有な世界はなぜ生まれ、どう支援すべきか? 」がやっと到着しました。

Amazonでも品切れが続いていてこの手の本にしてはかなり売れているのではないでしょうか。それだけ困っている感じを受けている人が多かったのでしょうね。

早速読みたいところなのですが、最近のうちのルールとして「まだ読み終わっていない本がある間は新しい本を開くな」というのがありますので、「ルポ ネットリンチで人生を壊された人たち」と「幼女戦記(1)」を早く読み終えなければいけませんね。暇が欲しい・・・。

謎の会話

本日はちょっといろいろやってて暇が無いのでツイッターに投げたあおとの即興漫才でお茶を濁します。

こんなのが毎日続いてるので本当に飽きないですね。

あおの言葉のキレキレ具合は恐らくASD特有の「ストレートさ」が大きく作用してる気がするんですが、一方であまり長い文章は書けないですね。

一方ボクは長い文を書くのはそれほど苦手ではないですが、即興でうまい返しを思いついたりキレキレのジョークは言えないです。マリオカートのバナナ並に滑ります。

このへんは意外と思われるかも知れませんが、ハキハキ喋るのはあおのほうでボクはけっこうボソボソ話します。なので、即興のわけのわからん会話もリードはあおなんですね。ボク自身はさほど面白みの無い人間です。ただ、どっちもボケなんですけども。

なお、ついさっきは

ボク「脳を再生する薬が開発中だとさ」
あお「うちら、再生する脳ってあるのかね」
ボク「最初から無いと再生のしようも無いしな」
あお「いっそ吹っ飛ばす?」
ボク「記憶がバックアップとれるようになってからかな」
あお「あんたは既に頭に機械入ってるから良いよね」
ボク「機械にもいろいろあってこれは入ってくるだけ」
あお「あんたの財布は出て行くだけなのにな」
ボク「うるさいわ」

とかきわどい会話をしていたことを報告いたします。

今日はこれくらいで。でわ。



スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談
15151372_922612661202917_1424986504_n1 「ボクの彼女は発達障害」のくらげと寺島ヒロが再タッグ! ADHD・難聴のサラリーマン「くらげ」とアスペルガー症候群の漫画家「寺島ヒロ」が発達障害に関するエトセトラを傍若無人に放言しまくる対談集です。 発達障害あるあるネタをイラスト付きでお楽しみください!
【過去の記事をお得にお買い求めいただけるようになりました!】(各500円)
第1巻(1〜10話)
第2巻(11〜20話)
第3巻(21話〜30話)
第4巻(31話〜40話)