発達障害系の融通の効かなさは包丁が飛び交うレベルだよねってお話

こんばんわ。くらげです。



仕事がうまく行きません(n度目)

なんかこう妙に疲弊しています。

今週はあおのトラブルがあったのもあるのですがどうにもこうにも仕事がうまくいかないのもあって。

最近は仕事が微妙に増えてきているのですが、いろんな人と交渉することも増えました。それはいいのですが、情報保障なにそれ、になってるのでちょっとしんどい。

こういう問題は周期的に来るのですが、まぁ、仕事ができると思われてるのと裏表なので非常に面倒くさい。このへんはADHDと聴覚障害のせめぎ合いでもあって、ADHDだけならそれこそばーっとできるときにできることしちゃいますけど、聴覚障害があるのでそこは支援してもらわんとあかんわけで。

そういうことは前にも結構書いているので過去ログを見てくださいませ。

障害者をサポートする「余裕」は繁忙期には吹っ飛ぶからしんどいよね!ってお話
こんばんわ。くらげです。 仕事が忙しいと孤立する サポートは「いつもあるもの」ではない 最近仕事が忙しいのは周知の通りです...
障害者が頑張りすぎると仕事の障害が増えるよ!というお話
こんばんわ。くらげです。 イベントは鬼門 本日は仕事でイベントがあって綿のようにくたくたです。一日中外を動き回っていて疲れていた...

酒を減らすことを厳命されました

さて、先日の健康診断で肝臓の数値がちょっとひっかかったとあおに言ったら晩酌をしている最中に「今日から酒は一本までな」といわれて大変にもめている最中です。

あおは一度これが駄目と決めたら割と何を言っても駄目なので譲りませんし、ボクはボクでそんなことはきいてねぇ!というバトルでございますが、これ、徹底するとあおが包丁を持ってくるのは経験上わかっているので拗ねつつ折れるしかないという。つらい。

いやまぁ、実際に肝臓の数値が悪い、という事実はある訳なんですが、報復として全体的に肉を減らして野菜を増やして微妙に鷹の爪を入れるとかそういう嫌がらせをしていきたいと思います。ということを言ったら「ふざけんな」と怒られるのですが。

あおは心配するあまり割とどストレートに「駄目なモノは駄目!」といってきて融通が効かないところがあって結構困ることがありますね。とはいえ、基本的には正論なので反論しにくい。困る。いやまぁ、ある種の愛情表現ではあるのわかるんですけどね。

というわけで、ぶーぶー言いつつ拗ねつつ当面酒は減らします。つらい。最近つらいことばかりです。

踏ん張りましょう

というわけで、今日はこれくらいで。皆さん、酒は適度にたしなみつつ踏ん張りましょう。でわ。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談
15151372_922612661202917_1424986504_n1 「ボクの彼女は発達障害」のくらげと寺島ヒロが再タッグ! ADHD・難聴のサラリーマン「くらげ」とアスペルガー症候群の漫画家「寺島ヒロ」が発達障害に関するエトセトラを傍若無人に放言しまくる対談集です。 発達障害あるあるネタをイラスト付きでお楽しみください!
【過去の記事をお得にお買い求めいただけるようになりました!】(各500円)
第1巻(1〜10話)
第2巻(11〜20話)
第3巻(21話〜30話)
第4巻(31話〜40話)