ADHDライターが何かを書くときに絶対必要なのは熟練の校正者だよね!ってお話

こんばんわ。くらげです。



花火大会と発達障害

本日は各所で花火大会が行われておりますが、人混みが心底苦手なので花火大会会場で見る、というのはほとんど無いです。江戸川区花火大会はうちからちらりと見えるのでそれで満足しております。

そういえば発達障害の子どもが花火大会の音に心底おびえて大変だ、という話もどこかで聞いたことがありますが、一定の音におびえることはよくあることなのでさもありなんかなーと。

まぁ、そういうときはイヤーマフをつけたりどこかに連れ出すしかないかなと。ほんと発達障害があると把握しなきゃいけないことが多くて大変だぜ!となりますね。

ミニサイト作り進行中

さて、以前から「ミニサイト作りたい」と言い続けていますが、独自ドメインを取得して、Wordpressをサーバーにインストールしてテーマを設定するところまではできました。

あまりにも日常が固定しすぎたので打破するためにミニサイトを作りたいよねってお話
こんばんわ。くらげです。 1日寝ていました 本日は久々にコンサータを飲まずに身体を休めていたら1日の中で8時間も起きていない日でした。疲...

あとはコンテンツですが、内容自体はコンテンツ案ができていて1000字×10記事ほどを作れば初期値としては晒せる程度にはなるかなぁとは。ただ、ボクはデザイン力に関しては髪の毛ほどのセンスもないのでヘッダーやロゴをどうしたもんかなーと悩みますね。

あまり予算もないのですが無料で作ってもらう気もないので、あおにご飯を豪華にする代わりに、と交渉中でございます。あまりそういうのは得意でない、と断られていますが。



細かいところに目が行き届かない

ADHDのせいなのか性格なのか趣向なのかはあまりわからないのですが、ボクはサイトデザインもおおざっぱに読みやすければ細かいところにはあまりこだわりません。というかこだわれません。

このブログも無料テーマをちょこっといじっただけですが、シンプルに読みやすいかなと満足しているのですが、まあ、レイアウト崩れや広告の位置の問題とかは色々ありますねぇ。

そのへん、ASD系のあおはで結構うるさくて「細かいところが崩れてるから直せやー」とか指摘しますね。手間でないところは指摘されたら直していますが、「こんなところを見ているのかー」と驚くことがあります。

あと、ボクはブログを更新すると真っ先にあおに見てもらって誤字脱字がないか確認してもらいますね。だいたい1日2~3カ所はあります。とくに強調したところがよく間違えてます。当然自分では何度読み直してもほとんど気づけないので、ADHDのサガだなと。

誤字脱字の根絶を諦めたお話
胃カメラの検査結果を聞きに行ったら「問題ないと思いますけど大病院に行ってください」と言われた上「念のためにもう一度」と採血されたくらげです。...

校正はすごい

本を出す行程って色々あるわけですけども、ボクが一番凄いなと思うのは校正です。どの過程もそれぞれに凄いわけですが、自分ではできないな、という意味で。

基本的な誤字脱字の発見もそうなのですが、前後何ページ(あるいは本数冊)にわたって文章の整合性を取るわけですから、凄く深い理解力もいるわけですよ。

ボクは表記の揺れなんてのはもうそのときの気分次第なんで、整合性も何もない書き方をするので校正から原稿が帰ってくると泣きたくなるくらいに真っ赤ですね。すみません本当にお世話になっております。3巻がありましたら早めに入稿して校正の時間を長めに、はい。

踏ん張りましょう

というところで、今日はこれくらいで。皆さん、誤字脱字に気をつけながら踏ん張りましょう。でわ。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談
15151372_922612661202917_1424986504_n1 「ボクの彼女は発達障害」のくらげと寺島ヒロが再タッグ! ADHD・難聴のサラリーマン「くらげ」とアスペルガー症候群の漫画家「寺島ヒロ」が発達障害に関するエトセトラを傍若無人に放言しまくる対談集です。 発達障害あるあるネタをイラスト付きでお楽しみください!
【過去の記事をお得にお買い求めいただけるようになりました!】(各500円)
第1巻(1〜10話)
第2巻(11〜20話)
第3巻(21話〜30話)
第4巻(31話〜40話)