VALU優待質問箱 Vol.1 「発達障害っぽい人が身近にいたらどうすればいいの?」ってお話

こんばんわ。くらげです。

本日は「くらげさんにお悩み相談してみよう」コーナーです!



VALUの優待企画です

現在、身を投じているVALUですが、VALUを所有している相手に対して「優待」というものでお礼をすることができます。

【特別編】知名度がなくクリエティブでもない皆様に送るVALUの優待設定で死なないコツってお話
こんばんわ。くらげです。 本日は意識高い系です 先週からドハマりしているVALUですが、いろいろやっていて「優待設定をトチると文字通り死...

そこでボクはVALUを買ってくれた方には「好きな内容でコラムを書く」という優待設定をしているのですが、このたび、初めて「かいてー」というリクエストが来ました。

VALUでやってみたいことは「面白い結婚」と「障害を語れる人を増やすこと」ってお話
こんばんわ。くらげです。 心臓が危ない 昨日、VALUに登録したことを書きましたが、さっそく「怖い人」に補足されまくってて、サンドバック...

テーマは「発達障害があるそうな人が身近にいたらどうすればいいの?」という内容です。では頑張って書いてみましょう!

発達障害っぽい人に対する対応について

わかったら苦労しない

発達障害に関する本を書いてると「周囲に発達障害のような人がいるがどう対応したらいい?」という悩みが結構寄せられます。これ、結構困るというかケースバイケースというか、「そんなのわかったら俺が苦労しねぇよ!」という質問です。

ADHDの脳内ではカエルピョコピョコな脱線事故多発だよ!ってお話
こんばんわ。くらげです。 一貫して一貫性がないADHD 数日ほど前は「ネットにハマるのは良くないです」というエントリを盛んに投稿していま...

模範解答としては「本人が発達障害だと自覚するように促すといいよ」なんですが、正直言って「そんなん生易しいことでなんとかなったら苦労しないわ!」というのが九分九厘の方の素直な反応ですよね。

わりとそういう質問してくる時点である程度は発達障害に関する理解なり知識なりはあるわけで、その上で「どうしたらいいからん」ということなので。

発達障害は自覚しにくい?

「発達障害って自覚できないの?」という疑問を持つ人も多いですけど、ボクがADHDと診断されたのは30歳を超えてからで、わりと破綻的な生活をしていたし発達障害の本を書いていても自分が「ADHDっぽいくらい」でスルーしてました。

発達障害当事者による仕事のノウハウって少ないよねってお話
今週もお疲れ様でした。いろいろと仕事で疲れているくらげです。でもブログは書くよ!っうかブログが活力だよ! 意外と少ない発達障害者の仕事ノウ...

しかし、受診してADHDに関する勉強をしてみると「あれ?生きにくさADHDがこんなに影響していたんだ?」と理解してきたのですが、ばーっと理解したわけではなく少しずつ「もしかしてこれもADHDの影響・・・?」という探り探りだったんですね。というわけで、発達障害の自覚を持つ難しさは本当に骨身しみています。



困ってると素直に言うこと

とはいえ、「おまえは発達障害者だから受診しろ」というのもやはり乱暴なわけで、じゃ、どうしたらいいかを考えていくと、あまり「発達障害」という言葉にこだわらず「あなたのこういう言動で困っている」と具体的に伝えるのが大切なんじゃないでしょうか。

下手に「障害」を絡めるから差別だのなんだの、となりますし、「発達障害」と診断されたところで周囲の「困り度」は実は変わらないんです。本人が発達障害とわかったところですぐには言動が変わるわけではありません。なので「困るんですけど!」と素直にいえる関係性を作るのが早いかもしれません。

あとは具体的にどう困っているかを聞き出して対策を考えるとかがいいですね。発達障害支援のテクニックは使えども発達障害とは断定しないくらいで。

理解を促すために支援する

人間が集まればそこに軋轢やトラブルが起きるのは当たり前なんですが、発達障害あるとその頻度が神経ぶち切れるくらいに多いわけですが、基本的には一つ一つトラブルを潰していくか排除するしかない。

まぁ、そのどっちも徹底するのは難しいわけで、「根本的な解決」は本人の自覚なのは間違いないんですよ。なので、理解を促すためにも「支援する」ってのは必要不可欠ですね。

「自分の変なところ」を探していくことが発達障害の問題解決に不可欠だよねってお話
こんばんわ。くらげです。 体調がつらいです 風邪が悪化しているところに低気圧がどーんと襲いかかってきています。 どちらか一つでもキ...

なので、発達障害があると疑って発達障害者に対する支援を応用しつつも発達障害であるとは断定しないみたいな微妙な距離感で進めるのが今のところいいのかな-、とは。

こんな感じしょうか?

というところで、こんな感じで回答になっておりますでしょうか > しましまPさん

踏ん張りましょう

引き続きVALUでの優待を設定しておりますので、VALUをお持ちの方は質問とかいつでもどうぞ!

発達障害と聴覚障害のあるサラリーマン兼ブロガー。著書2冊(ボクの彼女は発達障害1・2 いずれも学研より) 現在は本業を優先しておるただのブロガーになりました。ブログは月4万PV。結婚資金を稼ぐためにやってます。

さて、今日はこれくらいで。皆さん、自分は一体どういう人間なのか考えつつ踏ん張りましょう。でわ。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談
15151372_922612661202917_1424986504_n1 「ボクの彼女は発達障害」のくらげと寺島ヒロが再タッグ! ADHD・難聴のサラリーマン「くらげ」とアスペルガー症候群の漫画家「寺島ヒロ」が発達障害に関するエトセトラを傍若無人に放言しまくる対談集です。 発達障害あるあるネタをイラスト付きでお楽しみください!
【過去の記事をお得にお買い求めいただけるようになりました!】(各500円)
第1巻(1〜10話)
第2巻(11〜20話)
第3巻(21話〜30話)
第4巻(31話〜40話)