道頓堀 「赤鬼」店主 廣田 秦行×くらげ VALU対談「丸いたこ焼きで世界平和!~赤鬼の世界盛福計画~」ってお話

こんばんわ。くらげです。



VALU優待対談第2回目です

ボクがVALUにドハマりしているのは周知のことと思いますが、VALUにはVAを買ってくれた人にお返しすることができます。その優待で勢いで作った前回の対談はかなり好評で自分も書いて欲しい、という方もおりました。そういうわけで、今回も特別対談となります。

くらげ×宮城浩 VALU対談:ネットサロンからリアルサロンへ~沖縄を「独立」させたい!~ってお話
こんばんわ。くらげです。 VALU優待対談始めます ボクがVALUにドハマりしているのは周知のことと思いますが、VALUにはVAを買って...

登場人物

くらげ


33歳のただのサラリーマン。本ブログ「世界はことばでできている」運営者。自著2冊あり。聴覚障害と発達障害持ち。なんとか生きてる地味な人。

詳細な自己紹介はこちからから →  サラリーマン兼ブロガー兼作家な兼業主夫(聴覚障害と発達障害あり)。VALU優待で対談記事作ってます。 1.VALUの目的 VALUに手を出したのは結婚資金を稼ぐことと障害のある方に仕事を作ることです。具体的にはこちらの記事をごらんください。 VALUでやっ...
廣田 泰行

初めまして、私は大阪で生ダコから焼き上げるたこ焼き屋 道頓堀赤鬼を営んでいます。
【夢はたこ焼きでセカイセイフク(世界盛福)をする事です。】
赤鬼の理念、We make the world happy by Takoyaki !は、その英訳です。国際基準でということで英語にしました。何故、たこ焼きで世界盛福かと言うと、率直に、たこ焼きで世界中を笑顔にしたいからです。ただの一軒のタコ焼き屋を営むより、自分の子供の頃からの夢であった世界を駆け回り仕事がしたい!ということを掛け合わせました。
私は、たこ焼き屋だけではなく、たこ焼き教室や、たこ焼きパーティーなども開催しています。特に、たこ焼きはみんなでワイワイしながら作れる。たこ焼きパーティーなんて最高の社交の場。みんなで丸いたこ焼を作れて、人種を超えて仲良くなれる。平和の象徴だと思っています。
それを色んな国で開催して、人と人との輪を結びつなげて行きたいです。
【VALUの目的】は、私がやっていることを知ってもらう事で純粋に応援してくれる人、ファンを集める事です。そしてここで、出来た仲間と将来何か仕事を生み出せたら面白いなと思っています。
その為にも、沢山の人に先ずは、たこ焼きを好きになってもらえるように日々の発信を頑張ります。最近ブログも始めました。よろしくお願い致します。
初めまして、私は大阪で生ダコから焼き上げるたこ焼き屋 道頓堀赤鬼を営んでいます。 【夢はたこ焼きでセカイセイフク(世界盛福)をする事です。】 赤鬼の理念、We make the world happy by Takoyaki !は、その英訳です。国際基準でということで英語にしました。何故、たこ焼きで世界盛福かと...

廣田秦行×くらげ VALU対談:丸いたこ焼きで世界平和!~赤鬼の世界盛福計画~

ミシュランガイドに掲載されたたこ焼き屋!

〔く〕 さて、VALU優待対談第2弾です。今回は大阪は道頓堀でたこ焼き屋を営む廣田秦行さんです。よろしくお願いいたします。

〔廣〕 こんにちは。私、仕事以外はあまり前に出るのは好きじゃなくて・・・。人の評価より我が道を行く的な自分ですから、自分をアピールするのに違和感がありますね。

〔く〕 そうはいいますけど、廣田さん、VALUのタイムラインやVALU関係のライングループなどで積極的に発信していると思いますけども(笑)まず、現在のお仕事を教えてもらえますでしょうか?

〔廣〕 たこ焼き屋「赤鬼」の二代目として毎日、たこ焼きを焼いています。

【道頓堀赤鬼】のたこ焼きはマスコミ取材露出度大阪NO,1!!極上の生たこを使用しているのは当店だけです!全てにこだわった絶品たこ焼をご賞味下さい。

〔く〕 HPを拝見させていただきましたが、とてもおいしそうですね。大阪に行ったときは必ず立ち寄らせて頂きたいです。で、赤鬼はただのたこ焼き屋じゃなくて、ミシュランガイドに載っているとか。ちょっと失礼ですが、ミシュランにたこ焼き屋が掲載されるということを初めて知りました。

〔廣〕 去年、今年と載せてもらっています。それで、全世界からお客さんがいらっしゃいます。今はお客さんの半分が外国のお客様です。アジアが最も多くて、次にヨーロッパ、アメリカ、オーストラリア、南米、アフリカの順になります。

〔く〕 本当にワールドワイドなたこ焼き屋ですね!そんなに海外のお客さんがきて言葉とか大変じゃないですか

オーストラリアに留学からたこ焼き屋の店主になるまで

〔廣〕 私、高校卒業後はオーストラリアの大学で獣医学を専攻しました。カジノで学費を稼ぎながらオーストラリア一周したりアボリジニーと生活をしたりしました。だから言葉や文化の違いではあまり困らないです。

〔く〕 ちょっと待ってください!いきなり濃いんですけど!そんな経歴がどうすれば今、たこ焼き屋の親父になるんですか!?

〔廣〕 卒業直前にサッカーの試合でヘディングしたら頭もゴールポストに直撃して、首の骨がずれて入院。日本に戻り1年間のリハビリ生活を送りました。その合間に父のたこ焼き屋を手伝いました。

〔く〕 おもしろいというか悲劇的というか、もうなんと言っていいかわからないです。それで、そのままお父様のたこ焼き屋を引き継いだんですか?

〔廣〕 獣医を目指したくらい動物が好きだったので、ペットフード店・ペットフード輸入業を始めました。

〔く〕 あら、まだたこ焼き屋につながらないんですね。ペットフードといっても様々だと思うのですが、どんなペットフードを主に扱っていたのでしょうか?

〔廣〕 犬猫のプレミアムフードです。世界で出回っているほぼすべてのプレミアムフードをこの舌で確認しました。

〔く〕 犬猫のペットフードを食べて調べたんです!?

〔廣〕 犬猫ちゃんは自分でご飯を選べないんだから、飼い主がしっかりと選んであげなければならない、人間が食べられないくらい安全じゃないものは食べさせてはいけない、という信念でペットフードアドバイザーの活動もしていました。

〔く〕 もう、先ほどからすごい、としか突っ込めなくてこの対談でボクはいるのか?と疑問符が出まくっています。

〔廣〕 くらげさんが聞いてくれることでいろいろ引き出せます(笑)ほどなくして父が病気になったのを機に事業をすべて譲渡して赤鬼の二代目としてたこ焼き屋を営むことになりました。

〔く〕 すべてを譲渡してまでたこ焼き屋をやりたかったんですね。

〔廣〕 最初は仕方ない感じで気が乗りませんでした。

〔く〕 だめじゃん!台無しじゃん!

〔廣〕 でも、たこ焼きを焼き続けるにつれ、その魅力にはまっていきました。さらに自分の子供の頃からの夢だった世界を駆け巡る仕事をしたい!ということで「世界を見据えたたこ焼き屋をやろう!」ということになりました。

「世界×たこ焼き屋」と波瀾万丈な人生

〔く〕 世界×たこ焼き屋というのは新ジャンルですね!実際、世界中からお客さんがくるたこ焼き屋になっていますが、さらに先があるのでしょうか。

〔廣〕 最近は大学時代の友人と貿易業を開始して、たこ焼き屋の方も海外展開しています。あと、妻も外国人です。

〔く〕 もう、日本で一番国際的なたこ焼き屋であることはもう疑いようもないことを理解しました(笑)しかし、波瀾万丈な人生ですね。ご自身では今までの人生を振り返ってみてどんな思いがありますでしょうか?

〔廣〕 人生、いいときもあれば大変なときもある。波のようなもので、大変な時は本当に打開策を探すのに必死ですが、いつも誰かが助けてくれるし、それを乗り切ったらまた新たな環境にいける。あとから振り返ってみれば大変なときがあって本気で挑んだからこそ今がある、こういう経験の繰り返しでだんだんとどんな物事も前向きにとらえることができるようになってきました。「あれは私には必要だったんだな」と。これからも大変なことはたくさんあるとは思いますが、できるだけポジティブに物事をとらえていきます。

〔く〕 波瀾万丈のなかでこそ鍛えられるもの、得られるものがあることは自分も障害をもって生きていく中で少しずつ学んできたことです。まぁ、いつもポジティブとはどうしてもいきませんが、少しずつ前進していきたいですね。そういえば、廣田さんがVALUに参加した理由はなんなのですか?

丸いたこ焼きで世界盛福計画!

〔廣〕 VALUをやっている目的は、私のやっていることを知ってもらうことで純粋に応援してくれる人、ファンを集めることです。

〔く〕 たしかにたこ焼き屋は大盛況のようですが、やっていることとはまた別ですか?何か国際化以外の目的が?

〔廣〕 日々、店に来る沢山の国籍の人を観察した結果、人は美味しいもの食べたら幸せになる。それに国籍は関係ないという結論になりまして、「We make the world happy by Takoyaki !」 世界中を笑顔にする、幸せにするという理念を作りました。その理念の下、たこ焼き屋だけでなく、たこ焼き教室や、たこ焼きパーティーを開いたりしています。たこ焼きはみんなでワイワイしながら作れる。たこ焼きパーティーなんて最高の社交の場。みんなで丸いたこ焼を作れて、仲良くなれる。たこ焼きは平和の象徴だと思っています。だから、幸せを呼ぶファーストフード赤鬼のたこ焼きをまず作り、日本発信で世界に向けて一歩ずつ世界盛福計画が始まったんです。

〔く〕 世界に福を盛る・・・。国内のみならず海外に出てたこ焼きを盛って福も盛ると。その壮大な計画はすでに動いているわけですね。その広報手段の一つとしてのVALUと。

〔廣〕 それだけではなく、VALUでできた仲間と将来何か仕事を生み出せたらおもしろいなと思っています。その為にも、沢山の人にたこ焼きを好きになってもらえるように日々の発信を頑張ります。

〔く〕 少なくともボクは今たこ焼きを食べたい気分でいっぱいです(笑)しかし、本日はたこ焼きから世界平和へというとても大きな計画を語っていただきました。是非、その夢を丸く焼き上げていただきたいです。陰ながら応援させていただきます。最後に何か一言ございますでしょうか?

〔廣〕 私は妻とは文通で出会い、遠距離恋愛4年を経て結婚です。今は5年目になりますが、私たちの結婚も大変だったのでくらげさんたちには本当に幸せな結婚式をしてほしいです。(※ボクがVALUをしている主目的は結婚式の予算集め)

〔く〕 結婚に向けてがんばります!その際は是非、おいしいたこ焼きを振る舞ってほしいですね!本日は本当にありがとうございました!

〔廣〕 ありがとうございました。引き続き「赤鬼」をご贔屓お願いいたします!





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談
15151372_922612661202917_1424986504_n1 「ボクの彼女は発達障害」のくらげと寺島ヒロが再タッグ! ADHD・難聴のサラリーマン「くらげ」とアスペルガー症候群の漫画家「寺島ヒロ」が発達障害に関するエトセトラを傍若無人に放言しまくる対談集です。 発達障害あるあるネタをイラスト付きでお楽しみください!
【過去の記事をお得にお買い求めいただけるようになりました!】(各500円)
第1巻(1〜10話)
第2巻(11〜20話)
第3巻(21話〜30話)
第4巻(31話〜40話)