「フリー <無料>からお金を生み出す新戦略」に見るTANSTAAFLはネット社会でも真実なのか?ってお話

こんばんは。くらげです。



書籍1冊読み通しました

久々に分厚い本を1冊読み通しました。いや、分厚いといってもたった300ページ強で威張ってんじゃねぇぞ、と思いますし、Kindleでも本を読んでないわけではないのですが、物(アトム)としての1冊を読み通すのはやはり「やりきった」という満足感が高い物であります。

フリー <無料>からお金を生み出す新戦略

で、今回読んだのは「FREE <無料>からお金を生み出す新戦略」。

VALUをはじめてから「評価経済社会」やら「フリーミアム」とか知らない単語が舞い込んでくるんですが、どうも「資本主義」の次に「お金ではなく評判・評価が中心軸にある社会」というものが来る、思想的なもんがあるらしくてですね、「どういう社会なんだろう」というか「無料を金にするとかどういうことなんだろう」というところで手に取ってみた本です。

TANSTAAFL

ボクはSFが好きだったこともあって「TANSTAAFL(タンスターフル)」という言葉が好きです。これは”There Ain’t No Such Thing as a Free Lunch.”の頭文字を取った物で、「無料のランチはない」という意味ですね。ロバート・ハインラインの「月は無慈悲な夜の女王」で有名になった格言です。

西部開拓時代にはバーで1杯ビールを頼むと食事が無料(Free Lunch)になるというサービスが流行しました。しかし、ビールの代金に昼飯代が上乗せされていますし、一度酔っ払った客は一杯で済ます、ということもあまりないので結局は店の儲けはプラスでした。つまり、客からすれば「昼飯代は無料ではなかった」ということなのですね。日本でいうと「ただより高いものはない」という話です。

で、「月は無慈悲な夜の女王」では「どんなものであろうと、手に入れるには、それに対して支払うんだ」という意味合いで使われるのですが、その支払いがなんなのかは是非読んで確かめてください。

ビット社会とアトム社会

こういう格言を覚えているので、VALUとかで言われる「評価」だの「フリーミアム」だのと言われても「うさんくせぇ」としか言い様がないんですよね。結局は「モノ」なり「サービス」なりが先にあって「評価」であろうと「金」であろうと「払うモノは払うんだろう」と。

で、著者は20世紀の経済を「モノ(アトム)中心の社会」で、21世紀を「情報(ビット)中心の社会」と言っています。ビット社会では情報の価値は著しく下がり、ひとりあたりの負担額はほぼ0円になる。しかし、それを大量に集めることが出来れば巨額になる、という「国民ひとりから1円もらったら1億2000万円になる」というジョークが実際に成り立つ、という話ですね。

この本が書かれたのは2009年で、現在はそれから8年経つわけですが、今の世の中を見渡すとネット上で「タダ」でないサービスを見つける方が難しいです。そして、無料でサービスが儲かる仕組みに対する一般的な理解も2009年当時より進んでいますから、さほどインパクトがある話が多かったわけではない。

金儲けのヒントは満載

ただ、この本は微々たるものですが「ネットで金を発生させている」立場からすれば凄く実践的なテクニックが満載です。具体的には書きませんが、今、VALUでやっていることをどう飛躍させることが出来るか?みたいなヒントはかなり掴めましたね。(なお、成功するかどうかは別問題)

まぁ、フリーというか「ネットでどうやってサービスを成り立たせることが出来るのか?」というところはこの8年で大きな変化はないように思えますので、持続性のあるネットサービスを立ち上げたいなら是非ご一読ください。さて、なにか仕掛けていきましょうかねー!

踏ん張りましょう

では、今日はこれくらいで。皆様、良著を読みつつ踏ん張りましょう。でわ。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談
15151372_922612661202917_1424986504_n1 「ボクの彼女は発達障害」のくらげと寺島ヒロが再タッグ! ADHD・難聴のサラリーマン「くらげ」とアスペルガー症候群の漫画家「寺島ヒロ」が発達障害に関するエトセトラを傍若無人に放言しまくる対談集です。 発達障害あるあるネタをイラスト付きでお楽しみください!
【過去の記事をお得にお買い求めいただけるようになりました!】(各500円)
第1巻(1〜10話)
第2巻(11〜20話)
第3巻(21話〜30話)
第4巻(31話〜40話)