ADHDは意識を強制的に断ち切ろうってお話

こんばんわ。くらげ@よっぱらいです。

ここ数日、無意味にパソコンを改造したい衝動が来ています。

本当はポータブックが欲しいのですが、流石にもうガジェットを買う予算がないので部屋に転がっているeeePC4GというゲテモノにLinux Beanという軽量Linuxを入れて色々弄ろうとしているところです。

で、だいたいこういうPC弄りたい病のときはそう的なときなので、あおが無理矢理「もう寝ろ」と言ってきます。ありがたいことです。

ADHDの人は一度何かにとらわれるとそのことに意識が集中してしまうので、なんらかの手段で強制的に断ち切る必要性を強く感じています。

ボクの場合は家にいればあおが強制的にシャットダウンしてくれますけど、仕事では結構難しくてだらだらサボってしまうこともあります。

ちょっと前まではタバコを吸うことでリセットできていたんですけど、禁煙したのでそれも難しい。

なので、タイマーをしかけて仕事をすることが結構大事かもしれません。スマートウオッチでタイマーを設定して、定期的に振動するようにしています。そうすると一定の間隔で「( ゚д゚)ハッ!」となりますので、少しは意識を戻すきっかけになります。

これについてはいろいろ書きたいのですが、酔っ払ったので今日はこれくらいで。では。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談販売中!

15151372_922612661202917_1424986504_n1
(クリックするとリンク先に飛びます)
「ボクの彼女は発達障害」のくらげと寺島ヒロが再タッグ!
ADHD・難聴のサラリーマン「くらげ」とアスペルガー症候群の漫画家「寺島ヒロ」が発達障害に関するエトセトラを傍若無人に放言しまくる対談集です。発達障害あるあるネタをイラスト付きでお楽しみください!

【過去の記事をお得にお買い求めいただけるようになりました!】(各500円)
第1巻 第2巻  第3巻  第4巻  第5巻
第6巻  第7巻  第8巻  第9巻