発達障害と聴覚障害の重複が参加できるイベントって少ないから講師をしたい!ってお話

(アイキャッチ:大分県佐伯市にて講演中のくらげ)

こんばんわ。くらげです。



尻が痛い

いきなり尾てい骨周辺が腫れて刺激すると飛び上がるほど痛くなりました。

幸い普通に座っているだけだと尾てい骨が痛むわけではないので日常生活には支障はないのですが、触れると壮絶に神経的な痛みなので放置しているとやばそう。一度ヘルニアやってるので特にです。しかも左足に電気走りますし。明後日、近くの整形外科に行きますかね・・・。

トークイベント行ってきます

それはさておき、6月10日(土)にトークイベントに行ってきます。

人生ハードモードの人に贈るトークイベント「雇用の前にあるもの」アクティビストと語る福祉と疎外の現在
若者の貧困について語りたい、という話がきっかけでいろんな方に相談したところいろんな方向に派生し、様々な障害を持つ人や児童養護施設で育った子供、精神疾患を持つ人やセクシャルマイノリティなど、社会的なハン

以前、AbamaTVに生出演したときに書かせていただきました「わかり手」さんが登壇するとのことで興味があったのですが、「聞こえないからアレですね」とツイートしてたら主催者から「むしろ来て欲しいっすね」と誘われたので行くことにしました。まぁ、ほんと少人数で行われるイベントなので途中退席でも全然いいとのことなので。

こんばんわ。くらげです。 昨日はAbemaTVで精神障害者と就労の問題について放送されておりまして、有名な精神障害者の情報発信サイトで...

重複は辛いよ

ボクは聴覚障害と発達障害の重複です。

発達イベントは難しい

なので、あまり発達障害系や障害きらきら系や障害ウェーイ系のイベントには参加しません。聞き取りに疲れて障害理解もクソもないってのが本音ですね。んじゃ、今回のイベントはといったら「クソどんよりした自虐系だめトーク」が満載だろうという予感するからなわけでありますが。

聴覚イベントは興味がない

一方、聴覚障害者系のイベントは、というと情報保障もついてますしボク自身、手話はうまいのでコミュニケーションには困らないのですが、聴覚障害自体で困っていることがあまりないので積極的に勉強会に行くってことがないのですよ。

なんとかしたくはあるけれど

まぁ、そういうわけでこのブログとnoteでの対談以外では特に「障害者」としての活動はしていない。対外的にはかなり引きこもっているわけですね。

今の状態がこういうブログで色々書いてる身としてはあまりいいもんでもないなぁ、とは思うのですが、いかんせん「情報保障」という面からすると小規模イベントでは望むべくもないですし、公的なイベントだと成人当事者向けのがあまりないしなぁ、というのと。

ADHDは講師しろ

座ってるだけで辛い

あと、最大の問題点はADHDだとよくあるでしょうけど、じっと座って話を聞くって時点で消耗するんですよねぇ。常に自分が何か意見を言いたい衝動と戦わなければいけないので疲れます。

なので、最初からイベントには行かない、と言うのも一つの方法です。逆にでずっぱりで話しまくってるならいいんですよ。

こう見えても経験あります

ちなみにこれまでくらげさんはこれまで大分県佐伯市主催の講演会とか某就労移行支援事務所主催の当事者イベントとかやってますので、あおの審議を通って本業に支障が出ない範囲でなら交通費くらいでやりますんでお問い合わせください。けっこう好評ですよ?いや、全方面で素人なんですけども。

本日は、佐伯市役所地域振興課食育推進・男女共同参画係より講座のご案内です。男女共同参画講座「障害を持ったから人との関わりを深く考えた」「ボクの彼女は発達障害」の作者が語る幸せの育て方~人をみること~「ボクの彼女は発達障害」の著者・くらげさんが佐伯にやって来ます!漫画家・寺島ヒロさんとのトークセッションを交えた講演会に参...

踏ん張りましょう

さて、今日はこれくらいで。皆さん、適度に外に出て踏ん張りましょう。でわ。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談販売中!

15151372_922612661202917_1424986504_n1
(クリックするとリンク先に飛びます)
「ボクの彼女は発達障害」のくらげと寺島ヒロが再タッグ!
ADHD・難聴のサラリーマン「くらげ」とアスペルガー症候群の漫画家「寺島ヒロ」が発達障害に関するエトセトラを傍若無人に放言しまくる対談集です。発達障害あるあるネタをイラスト付きでお楽しみください!

【過去の記事をお得にお買い求めいただけるようになりました!】(各500円)
第1巻 第2巻  第3巻  第4巻  第5巻
第6巻  第7巻  第8巻  第9巻