聴覚障害者が「音楽を楽しめる」というのと「音楽の才能がある」というのは違うよねってお話

こんばんわ。くらげです。



フリクリ続編が出るぞー

先ほど、フリクリの続編が出て音楽をthe pillowsが担当することを知りました。

アニメ「フリクリ」の続編が、新作劇場アニメーション『フリクリ2』『フリクリ3』として2018年に全国公開されることが明らかになった。

フリクリとはガイナックスが作ったカルト的人気を誇るOVAなのですが、その音楽をthe pillowsが担当していて実質the pillowsのMVでしたね。

なお、ボクは知人よりthe pillowsを洗脳された後にフリクリで使われているのを知って鑑賞してみたのですが、ストーリーはさっぱり理解できませんでしたね!いちいちシーンがかっこよかったですけども!

聴覚障害にも好きな歌手はいるんだよ!

ボクが好きな歌手のナンバーワンは平沢進の前の10年間はthe pillowsでしたね。もう青春の曲はほんとthe pillowsです。なんつうかすごくドライなひねくれ具合が性根がねじくれてるボクの感性とマッチした感じです。あとはまぁ、聞こえる音域とよくマッチしていたこともありますね。

何度も書いていますが、ボクの聞こえる音域はかなり限られていて、どの音楽も万全に聞こえるというわけではありません。なので、「聞こえる音楽」が限られてきて、その中でリズムがちゃんとノれて歌詞も好き、なおかつそれが複数ある歌手・グループとなると本当に平沢進とthe pillows、THE BLUE HEARTSくらいなんですよ。ヒネるわけですな。

こんばんわ。くらげです。 平沢進がトレンド入りに JASRACがなんかやらかしたみたいでまた炎上しておりますが、なぜかその煽りでボクが教...

でまぁ、本日夜はthe pillowsと平沢進を延々酒飲みつつ聞いていたらこんな時間ですよ。最近、結構気を張り詰めることが多かったので久々にいいリラックスタイムになりましたね。聴覚障害でも音楽は楽しめるんだよ、と言うところで一つ。

こんばんわ。新聞を読みながら「最近の広告はCMばかりだな」とあおに振ったら「せやな。CMは広告だよな」と真顔で返されて死にたいくらげです。 ...

障害と才能のお話

聴覚障害者と音楽と言えばベートーベンが有名ですが、「聴覚障害者でも教えれば音楽の才能が!」みたいな謎理論をリアルで聞いたことがあります。いや、それはないだろう、と。

耳が聞こえないのは「聞こえない」からにして、一般的な意味での音楽の才能はめっちゃ劣ります。それを武器にすることは大変に難しいことです。その難しさを突破するからすごい大成する、と言うことはあるかもしれませんが、「だから聴覚障害者に音楽の才能がある」というのは違うだろうと。

このへんは発達障害関係も「発達障害『だから』才能がある」って話と絡んでくるんですが、「障害」は「障害」として困るわけです。たとえ、それが才能に結びつくものであろうとも、「困る」わけですよ。なので、才能は才能、障害は障害、と切り分けで考えないと大変に面倒だよね、と。

こんばんわ。くらげです。 忙しい一週間でした 本日は年度初め初っぱなから休日出勤で残業マシマシという疲労感たっぷりになる絶妙なブ...

こういう話は年内にどっかでみっちりすべく企んでいますので、形になりましたらまた告知したいと思います。

踏ん張りましょう

というわけで、今日はこれくらいで。皆さん、好きな音楽を聴きつつ踏ん張りましょう。でわ。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談
15151372_922612661202917_1424986504_n1 「ボクの彼女は発達障害」のくらげと寺島ヒロが再タッグ! ADHD・難聴のサラリーマン「くらげ」とアスペルガー症候群の漫画家「寺島ヒロ」が発達障害に関するエトセトラを傍若無人に放言しまくる対談集です。 発達障害あるあるネタをイラスト付きでお楽しみください!
【過去の記事をお得にお買い求めいただけるようになりました!】(各500円)
第1巻(1〜10話)
第2巻(11〜20話)
第3巻(21話〜30話)
第4巻(31話〜40話)