「限られたライフスタイル」から最善を探したら休日寝るよ!ってお話

こんばんは。くらげです。



休日は寝るもの

色々アクティブに取材に行ったり書き物をしたりしていると思われているくらげさんですが、実際のところは重要な用事が無い限りは寝ています。

こんばんは。くらげです。 1日寝てました 本日はここのところの疲れがどっと出ていたのか、朝起きて朝飯を買ってきて食べて寝て、昼に起きて昼...

ボクはADHDの治療薬を飲んでいますが、これは強烈な覚醒効果があって、眠くても眠れなくなるかなりアレなお薬です。これを飲む前はたびたび昼間の眠気で仕事中にも意識が飛ぶことが多く、大変助かっています。(ADHDと睡眠障害はかなり近いところにある)

しかし、ADHDの薬の覚醒効果は数日間飲み続けるとどうにも効きが悪くなるし、体感的には疲労感がより酷くなっていきます。

こんばんわ。くらげです。 休日は寝込む日 土日は減薬 ボクはADHDの薬の「ストラテラ」と「コンサータ」を服用していますが即効性の強い...

なので、休日は医者とも相談して用事が無い限り飲まないことにしたんですが、もう眠くて仕方ありません。朝起きて朝ご飯食べて寝て昼に起きて昼ご飯を食べて寝て夕方起きて少し用事を済まして晩飯買ってきて食べてうだうだして寝る、というくらいしか。

まぁ、若者の休日離れなる謎の言葉がありましたが、まさにうちら夫婦は休日は布団がお友達ですね。少しはスポーツした方が疲労の回復は早いようですが、そんな気力もねぇよ、というところで。

昔はもっとアクティブに休日も外出したりして遊んでいた気がするのですが、その分、平日に体調不良が続いたり、疲労感で動けなくなったりしてましたから、ボクの体力の限界がこれくらいなんでしょうね。

まぁ、ADHDの薬を飲み始めて休日は休養するようになってからは平日の体調が安定してますし仕事の集中力も上がっているので、「やりたいことができねぇ」って呻きはありつつもしかたないかな、と割り切るしかないですねぇ。

ライフスタイルの問題

こういうのは「生きる上で何を重視したライフスタイルを送るか」って事なんですよね。障害を持って生まれてくると選べるライフスタイルは健常者に比べてとても狭くなる。これはどうしようもないことです。

ボクは聴覚障害でコミュニケーションで制限があることに加え、ADHDによる日常的なストレス・疲れやすさがあるわけです。妻はASDからくるストレスと疲れやすさですね。

こんばんわ。くらげです。 今週のnoteを更新しました。 今週のnoteを更新しました。 このブログでも何度か出ている「紙...

出来るなら毎週あちこちに出かけて遊んだりはしたいのですが休日は疲れ果ててそんな気力も無いわけで。もちろん、無理すればイケるところは多いのですが、平日がよりつらい。

こんばんわ。くらげです ネットでは「9連休なんて嘘さ~ そんなのは嘘さ~」と盛り上がっておりますがすみませんくらげさん9連休です。(既...

もちろん、障害がありつつも休日を充実させるために工夫できることはあるんですが、ボクの場合は休日は休む時間として割り切ろう、ってところで平日の仕事や家事をはかどることを優先しているんですね。どういうライフスタイルを選ぶを意識して固定化すると、わりと人生のストレスが軽減するかもしれませんね。

踏ん張りましょう

というところで、今日はこれくらいで。皆様、自分に合った生活を探しつつ踏ん張りましょう。でわ。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談
15151372_922612661202917_1424986504_n1 「ボクの彼女は発達障害」のくらげと寺島ヒロが再タッグ! ADHD・難聴のサラリーマン「くらげ」とアスペルガー症候群の漫画家「寺島ヒロ」が発達障害に関するエトセトラを傍若無人に放言しまくる対談集です。 発達障害あるあるネタをイラスト付きでお楽しみください!
【過去の記事をお得にお買い求めいただけるようになりました!】(各500円)
第1巻(1〜10話)
第2巻(11〜20話)
第3巻(21話〜30話)
第4巻(31話〜40話)