【完全な日記】仕事で「変なことばかり得意だよね」と褒められたお話

こんばんは。くらげです。



何が得意かわからない

仕事で超疲労

わりと仕事が忙しい状態が続いています。これが苦手な仕事なら逃げようもあるのですが ハマりまくって 逆に疲れています。

苦手なものでも詰みますが、下手に得意な分野でも面倒になるので自分の性格の難しさを感じますね。

見やすいレイアウトとは何でしょうか?

今の仕事はWordの100Pほどファイルを延々と冊子にする校正する作業なのですが、これは もう泥沼 としかいいようがありません。

自分は比較的書くことは得意ですが編集的なことは苦手です。特に 見やすい構成を考える のがダメですね。

わりと自分勝手に配置してしまいたい人なので「他の人にもわかりやすく伝えて!」と言われるととたん 「どんな風にレイアウトすればいいんだろう」 と悩んでしまいます。デザインセンスが壊滅しているのですね。

アウトラインを組むのは無双

とはいえ、与えられた仕事を苦手だからと逃げてばかりもいられないので必死にうまい手はないかと頭の中で手法をひねくりまわすわけです。

それほど複雑な構造ではないので アウトラインさえしっかり組んでしまえばあとはテンプレートでなんとかなりそう 、とまでは把握したので、Wordの標準機能でありながらあまり使われないでアウトラインでがんがん構造を整えていました。

まぁ、Wordのアウトラインを使う機会がさほどないのでよくわからない挙動をしまくります。 「emacsを使用したいなぁ」 とか愚痴りたくなりすが、当然そんなものを会社のPCにインストールしたら怒られるのでひたすらWordで整えていく次第。

なにが得意なのかわかりにくい

まぁ、こういうテクニックはあまり知られてないので課長に中途報告したら「どうやってんのこれ?」と質問されたんですが「よく分からないけどすごいね?」と褒められました。(?)

この課長は常々 「くらげさんはなにができてなにができないかすごく分かりにくい」 とこぼしていますが、こういう「あまり普通でないこと、他の職員が詳しくないところはなぜか得意」というのは理解している模様です。

ADHD的にはそれだけでもかなり助かるのですけどね、本当に。

ふんばりましょう

さて、今回はこれくらいで。皆様、 なんとか理解してくれそうな人を探しつつふんばりましょう。 では。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談販売中!

15151372_922612661202917_1424986504_n1
(クリックするとリンク先に飛びます)
「ボクの彼女は発達障害」のくらげと寺島ヒロが再タッグ!
ADHD・難聴のサラリーマン「くらげ」とアスペルガー症候群の漫画家「寺島ヒロ」が発達障害に関するエトセトラを傍若無人に放言しまくる対談集です。発達障害あるあるネタをイラスト付きでお楽しみください!

【過去の記事をお得にお買い求めいただけるようになりました!】(各500円)
第1巻 第2巻  第3巻  第4巻  第5巻
第6巻  第7巻  第8巻  第9巻