借金玉さんのライフハック本を読んだり発達障害バーをやったり芋煮会しますよという告知だったりってお話

こんばんは。くらげです。



色々やってます

週刊誌並みの更新頻度になっている本ブログですが、ますます書物仕事を頼まれることが増えたり講演会を頼まれたり、とガチで忙しくなっていきました。いまはかなり体調がいいので問題なくこなせていますが、心身ともに不調なときの波が怖いのでなんとかせねば、ですねぇ。まぁ、やれる時にやっておくしかないのですが。

私は意外とワーカーホリックなところはあって「暇」というものは基本的に苦手です。適度に気を散らしてないと逆に疲れますね。なので、締切があることが次から次へと来るのは苦じゃないしむしろ元気になるんですが、睡眠時間だけは確実に確保しておきたいと思います。

借金玉さんの本を読みました

さて、更新をしていない間に仕事だけをしていたかというとそうでもなくて、読書も進めています。やはりインプットが足りない…という自覚はあるので、なかば無理やり本を読んでいます。とはいえ、先月は5冊程度でしたが…。

その中の一冊は借金玉さんの「発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術」です。

借金玉さんはツイッターで有名なアルファ発達障害アカウントですが、数ヶ月前に発達障害者のライフハック本を出版しまして、ツイッターでもこの本に関して話題になっておりました。

ちょっと深刻な金欠と多忙が重なり、読むタイミングを失っていたこともあって読んでなかったのですが、寺島さんから「読みなさいよ」と忠告されてKindleで購入して読み始めたのですが、最後まで一気に読みきって布教用に紙の本も買ってしましました。

この本はライフハックとしては自分自身もかなり工夫しており、特に発見がある、というのは少なかったのですが、ライフハックするぞ!というモチベーションはめちゃくちゃ上がりましたね。さっそくバインダーとタイマーを買ってきて仕事の効率化を図っています。まぁ、わかったのは意気込みはいいけど無駄な時間が長いってことですけどね!HAHAHA!

まぁ、それ以上に読むべきは後半の「欝からの回復」のところですね。ADHDが二次障害を負わないテクニックとして本当に必読です。

わりとちらりちらりと書いてはいますが、私自身も酷い躁鬱で生活がひどかった時期が長かったです。これは聴覚障害からくる生活の困難と思っていたのものがむしろADHDからの問題で、早くからADHDと気づいていたらここまで生活が捻じくれることも無かったろうに、という悔いがあります。

本にも書いてありますが、ADHD自体の生きにくさは当然あるのですが、それ以上に「ADHDから来る二次障害」で鬱になったりすると「生きにくい」ってレベルから一気に「死ぬ」までメーターが振り切れそうにます。こうなると人生をまっとうするということ自体が難しくなりますね。わりと詰みます。だからADHDとかでまだ病んでない人はこの本を読んで二次障害を発症しないように頑張って欲しいですし、すでに二次障害を追っている人は是非読んで回復の道筋をつけてもらえれば、と思わざるを得ませんでした。

私自体は妻のあおに文字通り尻叩かれて回復してきたのであまり再現性がないんですよねぇ…。独力では絶対に無理でしたし、あおがいなかったら今頃誇張なしで死んでいると思います。借金玉さんも繰り返していたそうですが、薬をまとめて酒で流し込むとかありました。本当に死にかけるのでやめましょう。ほんと。

ところで、本を読んでいると借金玉さんは自分のコピーか?というくらいに困難が似ていますし、人生につまずいたところも笑えるくらいに同じです。本を読んでいると「ああ、他にも同じようにだめな人がいるのだ」という安心感というか共感がありましたし、最後の方の「生きていきましょう」というメッセージは本当に嬉しかったですね。自分自身はすでに「生きていていいんだ」と悟り(?)はありますし、なんとか前を向いて歩けている、と思いますが、それでも感動しました。まさかADHDのライフハック本で泣くとは想定していませんでしたね!

まぁ、ADHDのライフハック本としても本当にまとまっていますし、生きていきましょうというメッセージ性も強烈で大変いい本でした。次は自分もこういう「生きていていいんだ」というメッセージを込めた本を書けたらなぁ、と。まぁ、あまり影響を受けすぎて同じ方向性の本を書いてもアレなんですけどね!

まぁ、皆さん、やっていきましょう。生きていきましょう。踏ん張っていきましょう。

イベントしました

で、読書の他には「第3回くらげ&あお発達障害バー@エデン」を開催しました。

こんばんは。くらげです。 「第3回くらげ&あお発達障害バー@エデン」を開催します さて、好評を得ております「くらげ&あお発達障害バー@エ...

発達障害があっても普通に飲み食いしていいじゃない、というコンセプトから始まっている本イベントですが、今回も前半後半合わせて20人を超える方々に参加していただき、時にトラブルもなく終了いたしました。ご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました。次回もよろしくお願いいたします。

これまではお手伝いの方に頼んでおつまみなどを作っていただいていたのですが、今回はせっかく秋ですので「山形の芋煮」を作りました。(山形出身なので…)かなり好評でしたし、残り汁で作ったカレーうどんも瞬く間にすべて無くなりました。これで私のスキルに「芋煮作り」がつきましたね。ただ、芋煮作りにハマりすぎていつもより参加者と話す時間が短くなる、という問題は発生しましたが…。

このイベントは本当に飲み食いしつつ参加者同士がおしゃべりする、くらいのゆるい感じなので報告するべき内容が無いよう、というスベリ芸をやりたくなるくらいに普通なのですが、この普通さすらなかなか持てないようなぁ、と思うと発達障害のみなさんが生きていく上の難しさだよなぁ、と。

そもそも、自分自身が飲むのは好きだけど飲み会は苦手、どこに行っても浮く、みたいなキツさがあったので自分が主催しているんですね。だから誰も浮かないで楽しんでくれるといいなぁ、と考えています。

課題としては「開催頻度を上げてほしい」という要望が多いことなのですが、ほぼ私一人で運営しているのでなかなか難しい。ノウハウとか渡すから誰か代わりに開催してくれない?と割りと本気で思ってます。うまくいけば収益も出るので誰か興味ありませんか。ご連絡お待ちしております。

次回イベントについて

さて、最後にお知らせです。最近仲良くなったDすけさんが経営している「bar kisi」にて10月20日(土)に「くらげ歌舞伎町芋煮会バー」を開催することになりました。詳細は以下のとおりです。

趣旨
自分と妻のことをネタにしてたら本を2冊出版し2万部売り上げたくらげが芋煮を作りつつなんか話します。芋煮を食いたいだけの方も大歓迎です。あと、妻のあおさんもいますので適当にだべっててください。なお、要望があればコンテンツ作りのネタや相談者のキャラクター作りの相談を受けます。興味がありましたらぜひ。日時
10月20日(土)16:00~22:30(ラストオーダー 22:00)
※特に予約席などは設けませんが何時頃に来るという連絡は大歓迎です

場所
kisi (新宿区歌舞伎町2-46-7第3平沢ビル5F-B)

参加方法
普通に来て普通に会計いただければ。
(大体の人数把握のため、参加登録いただけると助かります)

お品書き(すべて予定)
チャージ:500円(でん六豆サービス)

■フード類

玉こんにゃく:300円
だだ茶豆:500円
ビーフジャーキー:500円
山形風芋煮:700円
芋煮カレーうどん:500円(芋煮終了後限定)

■ドリンク類

ソフトドリンク:500円
アルコール各種:700円(一部除く)
山形県の地酒:時価

■その他

「ボクの彼女は発達障害」(本):1500円(サイン付き)
連絡先:kurage313@gmail.com もしくはDMまで

予約などは特にありませんが、芋煮などを仕込む量や混雑防止のためにtwiplaにて参加や興味があるに登録したり個別にご連絡いただけると大変助かります。

注意としては特に発達障害向けのイベントでないので配慮的なものは特にないのと、喫煙可能な場所なので嫌煙な場合は辛いかもしれません。ご了承下さい。

数多くの参加をお待ちしております。

踏ん張っていきましょう

では、今回はこれくらいで。皆様、秋の味覚を楽しみつつ、踏ん張っていきましょう。では。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談販売中!

15151372_922612661202917_1424986504_n1
(クリックするとリンク先に飛びます)
「ボクの彼女は発達障害」のくらげと寺島ヒロが再タッグ!
ADHD・難聴のサラリーマン「くらげ」とアスペルガー症候群の漫画家「寺島ヒロ」が発達障害に関するエトセトラを傍若無人に放言しまくる対談集です。発達障害あるあるネタをイラスト付きでお楽しみください!

【過去の記事をお得にお買い求めいただけるようになりました!】(各500円)
第1巻 第2巻  第3巻  第4巻  第5巻
第6巻  第7巻  第8巻  第9巻