オンラインもくもく会やったら結構良かったですよというお話

こんばんは。くらげです。



オンラインもくもく会してきました

なんとか体調がマシになってきたので仕事を一気に進めております。とりあえずクラウドファンディングに決着をつけて、年内に新著の原稿を揃えねば…。

サニーバンクが、障害がある当事者の方々向けに、Webアクセシビリティの講習会を地方5都市(札幌・仙台・名古屋・大阪・福岡)で開催します! 実行者の木村自身も発達障害と聴覚障害を持ちながら、メジ... - クラウドファンディング READYFOR

とはいえ、やる気とモチベーションが上がってこないので、もくもく会をしたいなぁ、と思っておりました。

もくもく会とはカフェとかシェアオフィスとかに集まって、みんなでもくもくと勉強したり作業したり本を読んだりするだけの会のことらしく、前から興味はありましたが、極度引きこもりしなさいの私(電車乗りたくない)はどこに言っていいかわらからないので、指を咥えて眺めておりました。

そこで、私が入っているライターコミュニティ「sentence」に「もくもく会…したいです…」と投稿したところ、運営の方が「オンラインもくもく会しましょう!」と急遽オンラインもくもく会が開催してくれましたので、言い出しっぺとして昨日今日と参加してきました。

何をやるかというと、オンラインビデオ会議アプリの「ZOOM」でログインして、あとはみんなで黙ったままもくもくとそれぞれの作業をするだけでございます。

しかしまぁ、これが捗る捗る。程よく見られているけど特に話しかけられもしない、という程よい距離感・緊張感があって原稿がかなり進みましたね。

オフィスで勤務することのメリットは周囲に人が常にいるので仕事に集中できることがあるようなのですが、確かに程よい緊張感を保てるならオフィス勤務も悪くないですねぇ。

まぁ、オフィスに出勤して仕事をするのが辛い人間なので在宅勤務をやっているわけなので、仕事をしたいときは自分でもくもく会開いてモチベーション高めていきたいですねぇ…。というわけで、誰か一緒にオンラインもくもく会しませんか…。基本的に14時~17時くらいは毎日仕事のコアタイムになっています…。

いや、シェアオフィス借りれたらいいんでしょうけど、この辺でシェアオフィス借りると高いし(最低1万5000円はする)、そもそも外に出たくないし、借りた瞬間にシェアオフィスに行くモチベーションが落ちるのはわかりきっていますしね!

進捗について

本日は3000字の原稿を1本とnoteの原稿を書き終えられました。このペースで一気に進めて行きたいですね。(総進捗15000字)

これくらいで

では、今日はこれくらいで。みなさま、緩やかに連携しつつ踏ん張っていきましょう。では。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談販売中!

15151372_922612661202917_1424986504_n1
(クリックするとリンク先に飛びます)
「ボクの彼女は発達障害」のくらげと寺島ヒロが再タッグ!
ADHD・難聴のサラリーマン「くらげ」とアスペルガー症候群の漫画家「寺島ヒロ」が発達障害に関するエトセトラを傍若無人に放言しまくる対談集です。発達障害あるあるネタをイラスト付きでお楽しみください!

【過去の記事をお得にお買い求めいただけるようになりました!】(各500円)
第1巻 第2巻  第3巻  第4巻  第5巻
第6巻  第7巻  第8巻  第9巻