日々是くらげ 183日目「乙武さんの選挙応援のために1ヶ月日記をサボったり、交通事故にあったり」という話

・ここ一か月、乙武洋匡さんの選挙の応援に明け暮れていて日記を書く暇が全くなかった。乙武さんの選挙自体は落選という結果に終わったが、色々学べたので後悔は全くない。ただ、乙武さんにはこれからも選挙で戦って是非国会議員になって欲しいと思っている。そうでなければただのひと夏の思い出作りで終わってしまう。本当に大変だと思うが何とか頑張って欲しい。

・ボランティアをしていた分、収入が下がってしまった。一つのことに熱くなると他のことを気にしなくなるという自分の欠点がモロに出てしまった感じだ。選挙が終わった7月10日から本日までかなり仕事を詰め込んでいて、今月は何とかなるんじゃないかという程度には取り戻してきた。ただ、先月の辻褄をどこで合わせるかが問題である。経済状況は毎月毎月綱渡りどころか崖っぷちだ。まぁ、仕事があるだけマシなんだけど。仕事がない状態でこれをやると精神的に一発で病む。経験済みである。

・仕事はいくつも平行してやっているが、その中の一つがいわゆる広報担当なのだが、自分は企画をしたりマネジメントをするというのはできない、ということを改めて思い知らされていてちょっと凹んだりはしているが、「与えられた課題の文章を作る」だとか「一度出来上がった文章をある程度のクオリティに直す」ということに関しては本当に爆速である。この辺りの「文章を直す力」はかなり評価されている感じなのでその辺で会社に貢献したいと思う。

そういえば交通事故にあった。横断歩道を自転車で渡っていたら、左折してきた車にぶつけられた。どうもその車の運転手は横断歩道を渡る私に気づかなかったらしい。身長が185 CM もある私がどうやったら見えなくなるのかと本当に不思議なのだが、運転をしていると左折が一番危険だと思うシーンは多々あるので、私も運転するときは気をつけたい。

・こんなことを書いていると割と軽く接触しただけだと感じるだろうが、自転車の後輪が曲がってカタカタする程度には跳ね飛ばされたし、自転車からは割と勢いよく倒れている。それでも肘が結構痛むくらいの打撲と何箇所か擦り傷おった程度で済んだ。無駄に頑丈で本当に良かった。まぁ、当たりどころが悪ければ普通に入院していたと思うので運が良かったと思うしかない。ただ、前々から「事故っても怪我しなさそう」とか「車が壊れそう」とはよく言われていたのでその実証はできたと思う。もう二度と経験したくないが。

・怪我の通院及び自転車の修理については当然ながらあちらの保険会社から支払ってもらうことにするが、自転車については1割程度は自分の負担をしなければならないらしい。まぁ、交通事故で完全にどちらかの責任というのはないのは知っているがいざくらってみるとやや理不尽感はある。見積もりを出してもらったら4万円程度で保険会社に送ったところ(驚くことに最近の保険の手続きは LINE でできる)、ほぼ問題ないだろうということで自転車屋に修理を依頼したが、部品はいつ届くかはわからない。早く直って欲しい。まぁ、本当に皆さん事故には気をつけてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする