日々是くらげ 187日目「あまり新鮮な思いをしなくなって老化を感じる」という話

本日の振り返り

2022/08/01(晴れ:最高気温36度 最低気温28度)

本日は文字通り死ぬほど暑かった。天気予報では日中の外出は避けろがいっているが、存分に引きこもるための口実に使わせてもらっている。しかし、妻の薬を取りに行くために駅前まで自転車で行ったが、風が完全に熱風で辛かった。新型コロナウイルスの感染拡大もあって、極力家にいるのが正解である。リモートワークの恩恵を最大限に活用したい。

本日の仕事時間は10時間ほど。結構捗ったが明日に重い仕事を回した。スクワット30回とラジオ体操済み。家計簿等の家事も終わらす。

いろいろ再開する

さて、本日から日記らしい日記を再開したい。色々考えたのだが、やはり自分が何をしていたかを1日1回は振り返らないと、その日のことが残らず完全に消えていくような気がしてしまうので、ある程度はしっかり形に残さないとやはり不安である。

また、雑記帳的な(アナログな方の)ノートを書くことに関しても、5月半ば以来に再開したい。どういうわけか、時々、アナログなノートに色々書こうとして1ヶ月くらい続いてはまた書かなくなる、ということがあって、またそぞろと再開したい時期にさしかかった次第である。いきなりやめる理由は「めんどくせぇ」となったらゼロイチ思考でいきなり全部放り投げるからなんだろうけど。このへんの「すこしずつやっていく」「飽きたらある程度息抜きをしてまたやる」ということが下手なのが自分のADHDの特徴なんだろう。「直す」ということは無理だろうから、まぁ、そういうもんなんだ、と自覚して「ダメージがない範疇」でやっていくしかない。

老化を感じる

ところで、いつの間にか38歳になっていたのだが、ここのところ、急激にずいぶんと老けたという自覚が芽生えてきた。顔年齢が老けているのはもともとだし、肥満と運動不足が祟ってちょっと運動するだけで疲れ果てる、というも20代からなのでハード的なところでは最初から老化しているのでそれほどでもないのだけど、精神的に「老けてきたな」と思う瞬間が増えた。

なんというか、新しい知識を得ても「なんとなく知っている」とか「興味を持てない」ということが多くなって、面白いとかもっと知りたいとか、そういう欲求的なものがあまりわいてこない。「知らないことは知りたい」という衝動性であれこれつまみ食いをして、その知識でなんとか世を渡ってきたことがあるので、これは大変まずい現象だと思っている。なにかをきっちり勉強するなり、スキルを身につけた方がいいのだろうけど、なかなか「これ」と決めてやりたいことが見当たらず、このまま好奇心が枯れ果てていくのだろうか、というのはちょっと怖いことである

ただ、ADHDとしての自分の問題は過剰に興味を持ちすぎることでもある。ADHDの精神的な年齢は一般的な人の6~7割という俗説もあるが、それでいうと、私はいま25歳前後で、確かに性格的に丸くなっていく時期かもしれない。そういう意味では老化というかと「普通」になっていく過程なのかもしれない。

また、今の世の中、インターネットから情報を得るにしても、いろんなアルゴリズムで「似たような情報」ばかりあつまってくる傾向もある。それで「また似たようなものばかりだ」と思ってしまうこともあろうから、極力、あまり興味のない範疇の事の知識も頭に入れていきたい。というわけで、dマガジンを改めて契約してみたが、ほんと世の中には「自分が興味がないこと」が山ほどあるんだなぁ、を再認識したい次第である。ざっと乱読していきたい。

明日へのメモ

水曜日に車のオイル交換。スケジュールをプリントアウトすること。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする