日々是くらげ 193日目「1日を読書で潰した日」という話

2022年8月7日(曇り 最高気温:32度 最低気温:24度)

本日の振り返り

・本日も週末で本業はないため別な仕事をしようと思ったが、先月、アニメにドハマリして全巻を電子書籍で買ってしまった「86-エイティシックス- 」を朝から夕方まで読んでしまう。5巻から9巻まで6時間弱をガッツリ読んでいた。同じレベルで没頭したのは「プロジェクト・ヘイル・メアリー 」以来だけども、プロジェクト・ヘイル・メアリー を読んだのは先月だった覚えがあるので、結構な頻度でうっかり読書に没頭しているのかもしれない。

・「86-エイティシックス-」は未知の生命体が攻めてきて人類の滅亡の危機にある中で少年少女が活躍するという「エンダーのゲーム」なり「ガンパレード・マーチ」なり「マブラヴ オルタネイティヴ」なり何度目だよ、という設定なのだけど、私はこういう「末期戦」が大好きであるので大変面白く読んでいる。ベタな設定だけに、作家ごとの違いがはっきりするの楽しい。86は最近の作品だけあって、最新の科学技術やらキャラクター造形やらが反映されていて、20年前のラノベを読み漁っていたところとはやはりレベルが上がっているのだけど、それでも根本に流れる友情だの恋だの思春期のうだうだなど、そういうのは変わりようがないんだよなぁ、ということは感じている。すでに子どもが思春期でもおかしくない年齢だけにもう「ああ、子どもが戦争をしないで…」ともなるときもないではないが、これはフィクションである。

・しかし、戦争物を読んでいるときに、テレビではウクライナの戦争の報道をしていると、フィクションの世界の戦いのほうがよほど「リアル」だし先が気になってしまうので、どうもそのギャップに脳がついていけないところがある。このへんの認識の距離はどうも人類のバクなんじゃねぇか、と思うことがある。まぁ、悲惨な現実を全部「自分ごと」として受け取ったら瞬時に人間が嫌になって死にたくなるだろうけど。

・「鎌倉殿の13人」は今週も面白かった。全成の死でここまで凹むとは初登場のときには微塵も思わなかったよね…。「私が悪の根を断つ!」という義時がもう完全の闇落ちしていて目が完全に悪役のそれになっていてワクワクする。あと、佐藤二朗の顔がますますでかくなっている。

・この時間のNHKは毎週男性アイドルが可愛く踊るような番組を流しているのだけど、私にとって「男性アイドル」というものの存在が完全に『認識できないもの』の一つで、世界はいろんな重なりでできているなぁ、ということが感じられる。

仕事の進捗

昨日できなかった仕事を21時から23時半の間でなんとか片付け。明日からまた平日なので頑張る。

本日の財政

休日の平均的な範疇で収まる。とくに浪費なし。

本日の運動

やるの忘れていた。

明日へのメモ

・12時〜会議
・13時〜歯医者
・17時〜会議
・ブログ用の写真撮影
・受給者証の確認→送付
・ふりかけの購入(まだ買えていない)
・21日くらげ会の準備
・インタビューの確認
・請求書の作成送付
・noteとBASEの連携確認

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする