【フクシィ】障害者の結婚に係る行政関係書類の名義変更についての覚書

こんばんは。くらげです。



本日は手続き日和

本日は1日有給を取ってあおの名義変更などの各種手続きを行なってきました。なお、途中でこんなことがありました。この爺さんが億万長者だったりしませんかね?

本日行ったこと

本日行なったタスクの予定は

・区役所にて「婚姻受理証明書の取得」「療育手帳の書き換え・再発行依頼」「手当等の名義変更」

・保健所にて「精神障害者手帳の書き換え」「自立支援医療受給者証の名義変更」

・年金事務所にて「年金の手続きについての確認」

でしたが、更にマイナンバーカードの名義変更もしないとあとから影響が出そう、ということで再び区役所に戻って「マイナンバーカードの書き換え」を行いました。

noteにも書きましたが今回は必要なことを全部リストアップしてひとつひとつ役所に確認しながら潰していくという方法で進めています。このリストアップがかなり効果的で今日の手続きも比較的スムーズだったのですが、それでも5時間かかりました。

本日のタスクが終わった時にはもうヘトヘトであおがほとんど意識飛ばしてて帰りはほとんど抱え込むようにしてうちに帰りました。と言うかバスの中で倒れかけて、席を譲ってもらいましたよね。大変ありがとうございました。

これからの予定

次は「健康保険証」の手続きですが、こちらはあおの会社経由での手続きになるのでこちらからできることは特にない模様。

「銀行の手続き」については「戸籍謄本」が出来上がり次第、銀行に行って手続きです。手当や障害者年金は銀行口座が変わらない名義変更ができないのですが、下手にあわてて銀行口座を名義変更すると次は役所での変更が間に合わずに手当や年金が受け取れない、という問題が発生するとのことで、いつ名義変更するかは慎重に考えないと色々トラブルが起こりそうでした。

わりと雑に扱われました

今回は婚姻による名義変更手続きだったのですが、福祉課や保健所の対応がかなり「慌てていた」ので障害者同士の結婚というのがあまりないケースなのかなと思いました。何箇所か職員の方が書き損じたり、こちらが確認するまでミスが放置されていたり、と「雑」なところも多かったので困りましたね。

ボクは以前行政の仕事をしていたこともあり比較的このような作業はなれているんですが、それでも本当に大変でしたので、あまり知識がない人にとっては2度手間3度手間を重ねそうだなと危惧しました。手続きの煩雑さにあおは「こんなもん、発達障害当事者ができるか!」とブチ切れております。詳しい人の助力は絶対に必要だと思いました。

福祉版のゼクシィであるフクシィって雑誌ががちでほしいです!


各種ワンポイントアドバイス

というわけで、本日の手続きのそれぞれのワンポイントアドバイスをすると、

・婚姻受理証明書は意外と使わない。だが念の為複数取得しておくのおすすめ。(あおの母より)

・療育手帳は書き換えだけならその場で職員が二重線を引いて修正するけど、正式に書き換えたものがほしいなら再交付申請が必要。その場合は写真が必要。再交付まで1ヶ月半ほどかかる見込み。福祉課から都から届いたというはがきが来るから、それを持って受け取りに来い、とのこと。

・福祉サービスについては「サービス受給者証」などは受給者証の更新まで特に名義変更などをしなくても問題ないらしい。ただし、関連する施設・事業所には名義が変わったことを連絡しろとのこと。

・障害者福祉手当は通帳の名義が変わってからで手続きをする。(郵送可)ただし、次回の支給日の手続きが間近なので支給日以降の通帳名義変更をお願いされた。(その前に名義が変わると振込不可になる)

・精神障害者手帳はその場で職員が訂正印を押して修正。正式なものは次回の更新の時に交付される。(職員があまり慣れてなくて修正テープだらけになった)

・自立支援医療受給者証の名義変更は申請書を書く。保険証の名義変更が終わってないが、特に扶養に入らないなら健康保険証の番号は変わらないので問題ないとのこと。もし扶養に入るなどで保険証そのものが変わるなら別途手続きが必要。

・年金の手続きは「銀行口座の書き換え→名義変更届けの作成→申請」という流れ。名義変更の書類は戸籍や住民票が変わった旨の証明書が必要。これも口座の名義を変えるタイミングによっては振込不可になるから気をつけること。

・マイナンバーカードは意外と見落としがちだが名義変更してないないと銀行口座の変更などができない可能性がある。また、税金の手続きでも混乱しそうなので確実に変更しておくこと。

割とぱっと書いていますが、これらを理解するのに結構長い時間がかかりまして大変でした。いろいろ見落とし・聞き落としもあると思いますが、もしお気づきの点などがございましたら教えてください。

踏ん張りましょう

では、今日はこれくらいで。皆様、行政の手続きは下調べをしながら踏ん張りましょう。でわ。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談
15151372_922612661202917_1424986504_n1 「ボクの彼女は発達障害」のくらげと寺島ヒロが再タッグ! ADHD・難聴のサラリーマン「くらげ」とアスペルガー症候群の漫画家「寺島ヒロ」が発達障害に関するエトセトラを傍若無人に放言しまくる対談集です。 発達障害あるあるネタをイラスト付きでお楽しみください!
【過去の記事をお得にお買い求めいただけるようになりました!】(各500円)
第1巻(1〜10話)
第2巻(11〜20話)
第3巻(21話〜30話)
第4巻(31話〜40話)