インタビューサイトOne Hundred facesの第5話(上)を配信しました

第五顔目(上) 『医療機器の進歩は人間の尊厳を守ることにも繋がります!トイレとか。』(ささち:二分脊椎・統合失調症)

はじめに「障害者」も一人ひとりが人間だよ、という理解啓発を進めることを目的として解説した本サイトも5人目です。今回は「One Hundred faces」を読んでインタビューを受けたいと思った!という主婦の方とお話しました。ささちさんは精神

障害者インタビューサイト、5人目をお送りいたします!

ささちさんは精神障害と二分脊椎があり、それぞれ深刻な悩みを抱えていますが、家族の支えもありここ数年でやっと前向きに生きていけるようになったそうです。かなり話が盛りだくさんだったので、今回は前後編となります、

登場人物

ささち

統合失調症で先天性の二分脊椎という病気で内部障害がある37歳の引きこもり主婦。毎日絵を描いていて、ピアノを弾いてます。時々、展覧会などもやります。

くらげ
聴覚障害のあるADHDなおっさん。山形県出身東京都在住。
本サイトの管理人で趣味は人の話を聞くこととコラムを書くこと。
最近、YouTuberデビューしました。
ツイッター 公式ブログ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする