ADHDの「仕事の暇に対する弱さ」は「とにかく体を動かすこと」で乗り越えようってお話

こんばんは。くらげです。



しんどいです

何もやる気が起きないモードです。

正確にはあれやこれややりたいことが無数に頭に思い浮かんでは消えていくので何をしたらいいかわからない。

それに加えて肉体的な疲労が長雨で蓄積されたのか全身がだるく、肩に神経的な痛みを感じています。

頭の中がごちゃごちゃする上に肉体的にも不調でもう家事を終えたら倒れ伏して無駄にスマホをいじって時間つぶしするしかないのが昨日の状態でした。

この手の疲れは食って寝るしか回復方法がないのですが、睡眠リズムもダダ崩れ。先日のnoteでの対談にも書きましたが、僕はそう状態に近いときはあまり寝付けなくなります。頭の中のせわしなさもADHDの周期的にくる症状の一つみたいなんですよね。平たく言ってつらいです。

仕事での対処はうまくなりました

仕事熱心?

ただ、仕事自体は肉体的につらかろうが頭の中が爆発してようがある程度自動的に仕事をこなせるようになりましたし、「まじめに仕事するふり」もうまくなったらしく周囲からは「くらげさん、最近仕事熱心だね」と言われますね。実際は何もやる気なくて無駄にフォームを作って遊んでるだけだったりするんだけどね!

ADHDのたまものなのかどうなのかはわからないのですが、僕は「物事が停滞している」と感じる時が一番つらいときです。肉体的・精神的に疲労感が高まっているときはそれ自体もつらいのですが仕事が忙しいと割とマシです。

逆に体調が悪いときに暇が重なって手持無沙汰になるとなぜか全身が火照ってめまいがする、頭痛がする、吐き気が来る、で更にぶっ倒れそうになります。

手を動かそう

これに対してはとにかく無意味でも「手を動かす」しか手がない。キーボードで無意味に手持ちの資料を打ち込んだり、先々使うかもしれないようなフォームを勝手に作ったりして火照りが落ち着くのを待つんですね。大体日が落ちると落ち着きます。

この火照りの正体がなんなのか今一つわかんないんですけど、あおから「お前は本来、超活動的でエネルギーが有り余っているのに外に出すのが下手だからひねくれるのだ」と言われたことがありますが、本当にそんな感じかもしれませんねぇ。

まぁ、あとは自律神経があまりうまく働いてないとか、意識をそらすのが下手とかあるんでしょうけども。ただ、ADHDの薬を飲んでからだいぶマシになった感じはあるのでこの手のしんどさはADHDも関係してくるのかなと。

踏ん張りましょう

さて、今日はこれくらいで。皆様、うまくエネルギーを程よくコントロールしつつ踏ん張りましょう。でわ。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談
15151372_922612661202917_1424986504_n1 「ボクの彼女は発達障害」のくらげと寺島ヒロが再タッグ! ADHD・難聴のサラリーマン「くらげ」とアスペルガー症候群の漫画家「寺島ヒロ」が発達障害に関するエトセトラを傍若無人に放言しまくる対談集です。 発達障害あるあるネタをイラスト付きでお楽しみください!
【過去の記事をお得にお買い求めいただけるようになりました!】(各500円)
第1巻(1〜10話)
第2巻(11〜20話)
第3巻(21話〜30話)
第4巻(31話〜40話)