令和が発表された日に新しい仕事を始めてツイッターが盛大にバズったでござるというお話

こんばんは。くらげです。

本日から新しい仕事です

さて、4月1日ですが、皆様、どのようなお気持ちで新年度を迎えましたでしょうか。

私は以前から話していた通り、今日から新しい仕事でした。

こんばんは。くらげです。 35歳になりました さて、本日は私の誕生日です。いつのまにか35歳になっていました。 今更年齢について語るこ...

とはいえ、基本が在宅勤務なのでむしろ仕事をしているのかなんなのかよくわからないですね。(もともと書きもの等でうちで仕事をしているのが当たり前だったので)当面はそれほど本格的に動けるわけでないのですが、いろいろと準備していきたいですね。

しかし、在宅勤務はむしろ「いつまでも仕事ができてしまう」ということが問題なので、うまく仕事をしすぎないように時間管理を徹底していきたいです。というか、管理しないと死ぬ。さっき、根詰めすぎて吐き気した。ADHDはこれだから。

こんばんは。くらげです。今回は簡単に近況報告的な。 LINE@の登録ありがとうございます 前回案内させていただいたLINE@ですが、さっ...

新元号についてバズりました

本日はそれとは別に「新元号が発表される日」でありました。実はわたくし、こういう「発表」にはさほど興味がなく、ちょうど発表された瞬間は出かけ間際だったためひげを剃ったりしておりまして、「令和に決まった」というニュースを見たのは発表から10分ほど後でした

まぁ、令和という元号には「あれ、思ったよりだいぶ良い元号ではないか、さわやかで気持ちがよい」と桜が咲きつつある春先を感じつつ浮きたったのです。

で、電車に乗ってツイッターを確認すると、手話通訳のワイプに官房長官が新元号をぶっこんだ、みたいな話題があったので、画像や動画を確認すると確かに見事に重なっておりました。

いやまぁ、あってはならないことなのですが、平成の発表の時は情報保障などなにもなかったわけで、やっぱりこの30年間で障害者福祉に関してもいろいろ進んできたんだなぁ、と思って一連のツイートをしました。

そしたら見事にバズってあばばばば、というところです。まぁ、ちょっとはバズってほしいと思ったけど、ここまで広がるとさすがにバズり慣れしている私でも少しはビビります。

反応を見ると「そういう見方はなかった」とか「手話通訳の大事さがわかった」みたいなものが多くて、想定以上に「考えさせられた」という好意的なものでした。(少々アレなリプもありましたが)

まぁ、何が一番大事かっていうと、今回の件も手話通訳が間違えたとか事前に検討しておけばこういう事故が起きなかったとか、いろいろ言いたいことはあります。でも、そういう課題はありつつもこの30年間、進歩したことがあったし、令和になってからももっと良くなるように頑張っていきたいね、ということなのですよね。

たかだか1万RTされただけで何か世の中が変わるわけでは全くないのですが、少しでも何か考えるきっかけになることができればうれしいですね。

踏ん張っていきましょう

さて、本日はこれくらいで。皆様、令和時代を明るく踏ん張っていきましょう。では。