新著を書くのがしんどいとかクラウドファンディングをしていますとかそういう日記

こんばんは。くらげです。



どうにもスッキリしない

ここのところ、どうも体調が悪く、仕事の量を絶対的に減らしておるのですが、「忙しない感じ」はずっと続いていて、どうにもスッキリしない状態です。

相方に相談したところ「それはお前、書きたいことを書けていないストレスではないか」というので、noteの方でコラムを書いているのですが、コラムを書く余裕があるなら色々仕事しろ、というお怒りがきそうなので、こっそりこっちで日記を再開させる次第。

本の原稿が全く進まない

今年の2月からこっち、新著に取り組んでいるのですが、非常に難航しており、編集者から「年内になんとかしろー」という最後通牒が来ております。

1回は通しで書いたのですが、非常に多くの書き直しがあるので、ほぼ丸々書き直している最中でして、あーでもないこーでもない、と悩んで時間だけが進んでいます。

どうしてここまでしんどいのかを考えていたんですが、結局の所「この本のテーマ」が未だにはっきりしていないんですよね。いやまぁ、書いている最中に見つかるだろうか、と思ったんですけど、1冊分は通して書いても全然見えない。これは書いていてしんどいなぁ、と。

もちろん、書いていて「面白いポイント」はあるんですが、本としてまとめるのにあたって「面白いポイント」以外のところをかかなければいけないし、ソッチのほうが分量としては多いわけですよ。

でも、ここの手に抜くと、面白いポイントの説得力が落ちるので、必死に考えなければならない。それが辛い。辛いから逃げる、逃げるから原稿が遅れる、よくない。本当に良くない。

というわけで、ここ一週間ほどいろんな手法でテーマを深める思索をしていたのですが、どうにかテーマらしきものが浮かんできたので、本日は4000字ほど進みました。全体的に言うと20分の1くらいですが、このペースで毎日続ければなんとか年内に間に合いますね…。というわけで、このブログで毎日の執筆量を書いていきたいと思います。ガンバルゾー。だいたい残り9万字だぞー。

クラウドファンディングやってます

仕事の方ではクラウドファンディングの担当者として頑張ってます。

サニーバンクが、障害がある当事者の方々向けに、Webアクセシビリティの講習会を地方5都市(札幌・仙台・名古屋・大阪・福岡)で開催します! 実行者の木村自身も発達障害と聴覚障害を持ちながら、メジ... - クラウドファンディング Readyfor

東京新聞で取り上げられたりもしていますので、ぜひ見てやってください…。できれば拡散したり支援してくれると泣いて喜びます。

 できないことに目を向けられがちな障害者雇用の現状を変えようと、障害がある人たちの得意なことをビジネスにしていく取り組みを、東京都中央区のIT企業が進めている。

これくらいで

では、今日はこれくらいで。みなさま、生きるテーマを考えつつ踏ん張っていきましょう。では。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談販売中!

15151372_922612661202917_1424986504_n1
(クリックするとリンク先に飛びます)
「ボクの彼女は発達障害」のくらげと寺島ヒロが再タッグ!
ADHD・難聴のサラリーマン「くらげ」とアスペルガー症候群の漫画家「寺島ヒロ」が発達障害に関するエトセトラを傍若無人に放言しまくる対談集です。発達障害あるあるネタをイラスト付きでお楽しみください!

【過去の記事をお得にお買い求めいただけるようになりました!】(各500円)
第1巻 第2巻  第3巻  第4巻  第5巻
第6巻  第7巻  第8巻  第9巻