超小型ノートパソコンが欲しくて調べてたらRasPSIONに出会ったよ!ってお話

こんばんは。くらげです。



今週の対談を更新しました

今週のnote対談を更新しました。

今回もコンテスト用に無料となっております。仕事ってなんでしょうねほんと。

名刺は役に立ちます

さて、最近は思うところがあって名刺を整理しているのですが、色々と胡散臭いことをしているとどういうわけか胡散臭い人の名刺も溜まっていくものです。

ざっと見ただけで国会議員やら都議員・区議員もいれば、大学教授や厚労省や文科省の課長クラス、研究者もおります。やはり名刺がひとつあるだけで対応が違いますよねぇ。

あとはまぁ、警察官(刑事)や弁護士などもあるので、この前もトラブルがあった時は大変に役に立ちました。その節はお世話になりました。またよろしくお願いいたします。まぁ、名刺は便利に使っておくものですね。

超小型PCが欲しいです

さて、疲れてくると物欲がやばくなることで有名なくらげさんですが、ここ数日は「Raspberry piで超小型ノートパソコン作りてぇ」という欲がやばくて衝動性を抑えるのに苦労しております。

こんばんわ。くらげです。 仕事はなんとか平常通りに戻ってきておりまして、ちょっと息抜きができているところです。本日はわりと趣味のお話を...

Raspberry piとはご存知、電子工作のマイコンとして使ったりOS(Debian, Fedora, Arch Linux, RISC OS etc)の入れることでPCのように使ったり、いろいろな複雑な処理ができるロボットを作ったり、スパコンやNASやサーバーや…・を構築したりという使い方ができます。まぁ、電子工作に関して言えば何でもできる。

でまぁ、UMPCとか超小型PCとかが大好物で、子供の頃はモバイルギア的なものに心底憧れておりまして、W−ZERO3やらSH-04Aやらを相次いで使っておりましたし、ネットブックも複数所有しておりました。

最近はスマホやタブレット全盛期でありますから、それにBluetoothキーボードで接続すればいいし、そもそもポメラやChromeBookもあるので、超小型ノートパソコンなぞ不要なんですが、それでも欲しい

しかも普通の人が持っていないようなものが欲しい。AndroidでもなくWindowsでもなくLinuxがよい。6〜7インチで、となるとまぁ自作しかなくない?というわけで3Dプリンターやら設計用アプリ・アプリが動くPCなどを探しておりました。

そしたら妻氏より「あんた何をしたいの、それなら素直に変なPC買ったほうが安くない?」という。いや、そうではない、ロマンの問題だ、と言いましたら「ロマンの前に生活だ、馬鹿野郎」と怒られる始末。

というわけで、素直に誰かこの要望を満たすのを売っていないか、と調べたら「RasPSION」というハート直撃なシロモノを開発している方がいました。2016年に極小数ハンドメイドで販売されていたのようなのですが、新型を2018年(今年)の「Maker Faire Tokyo 2018」で展示するということでして、これはもう参加確定でございます。まぁ、妻氏より「買う金あるの?」と再び突っ込まれるのですが、そこはまぁ何とか…。なるかな・・・?

でまぁ、現在、妻氏がなにか工作中なので、明日にはなにか出来上がっているかもしれません。お楽しみに。

踏ん張りましょう

では、今回はこれくらいで。皆様、ほしいものの代替品を探しつつ踏ん張りましょう。では。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談
15151372_922612661202917_1424986504_n1 「ボクの彼女は発達障害」のくらげと寺島ヒロが再タッグ! ADHD・難聴のサラリーマン「くらげ」とアスペルガー症候群の漫画家「寺島ヒロ」が発達障害に関するエトセトラを傍若無人に放言しまくる対談集です。 発達障害あるあるネタをイラスト付きでお楽しみください!
【過去の記事をお得にお買い求めいただけるようになりました!】(各500円)
第1巻(1〜10話)
第2巻(11〜20話)
第3巻(21話〜30話)
第4巻(31話〜40話)