「Chromebookのある それぞれの365日 Chromebook会報誌」に寄稿しました!ってお話

こんばんは。くらげです。



noteを更新しました

今週のnoteを更新しました。

早いことにもう年末ですよ!ってことで今年1年を振り返ってみました。いろいろ始めちゃった年でしたね…。

Chromebookはいいぞ

さて、本日の命題。私のメインPCはChromebookの「C213NA」です。

ChromebookとはGoogleが開発している「Chrome OS」を搭載しているノートパソコンのことで、ちょっと前まではブラウザの「Chrome」しか動かない代わりに安く軽快に動く、というのが売り文句でした。今は最近の機種ならAndroidも(一応は)動くし、機能をオンにするだけでLinuxも(一応)動くという展開を見せていて、なんといったらいいかわからない代物に進化してます。しかもハイエンド化も進んでいて一概に「安い」とも言えずに、まぁ、Googleのパソコン、くらいにしておくのがいいかと思います。はい。

こんばんは。くらげです。 今週の対談を更新しました 今週の対談を更新しました。 もはや発達障害とどんな関係があるかわからな...

で、このC213NAでブログや書き物のライティングはもちろん、簡単な画像加工やアイキャッチ作成まで全部やっています。Youtubeの動画もスマホで撮影したものをType-Cでつないでデータを移し、Androidのアプリで編集してからそのままYoutubeにアップしているので私のコンテンツ作成はほぼすべてがChromebookで成り立っています。

今週のnote対談 今週のnoteでの発達障害あるある対談を更新しました。 「可能性富豪」 という新しい単語が飛び出たりしていま...

まぁ、このC213NAは5万円くらいしてChromebookとしては安い部類ではないので普通にWindowsノートPCを買ってアプリを入れればいいのでは、とも思われるでしょうが、Chromebookの真価は「データをクラウドに任せるのが前提」という哲学にあります。

C213NAの容量は32GBしかありませんが、Chromebookは特典に「GoogleDrive」が100Gまで2年間無料で使えるというものがあります。データはクラウドストレージにアップしておくのが超前提になるんですね。

あと、Chromebookは同期すると他のPCのブラウザの環境が自動的に再現されます。Chromebookを無くしても別なChromebookで同期すれば10分もあれば環境が再現されますし、GoogleDriveに入っていたデータもシームレスに使えます。(AndroidやLinuxのアプリはまた別な話なのですが)

こういうクラウド前提だと何がいいかというとデータの紛失が最小限にできることです。ADHDにとってデータは「なくすもの」でしたが、クラウドサービスを使いまくるようになってからはデータの管理がしぬほど楽になりました!

って話を書きました

とまぁ、長々と書きましたが、こういう話をChromebookの同人誌(?)「Chromebookのある それぞれの365日 Chromebook会報誌」に寄稿しました。続きが気になる方はこちらでお読みください。

ちなみにこの本に寄稿したのは「前編」で「後編」はもっとうざく熱く語る予定です。よろしくお願いいたします。

ところで、私のせいでChromebook沼に堕ちた人を確認しておりまして、責任重大だなぁと思いました。すみません。もっと落ちてください。

踏ん張って行きましょう

では、本日はこれくらいで。皆様、データの管理に気を付けつつ踏ん張っていきましょう。では。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談販売中!

15151372_922612661202917_1424986504_n1
(クリックするとリンク先に飛びます)
「ボクの彼女は発達障害」のくらげと寺島ヒロが再タッグ!
ADHD・難聴のサラリーマン「くらげ」とアスペルガー症候群の漫画家「寺島ヒロ」が発達障害に関するエトセトラを傍若無人に放言しまくる対談集です。発達障害あるあるネタをイラスト付きでお楽しみください!

【過去の記事をお得にお買い求めいただけるようになりました!】(各500円)
第1巻 第2巻  第3巻  第4巻  第5巻
第6巻  第7巻  第8巻  第9巻