日々是くらげ 191日目「人間は投げる生き物なので斧投げバーに行きたい」という話

2022年8月5日(晴れ 最高気温:29度 最低気温:22度)

本日の振り返り

高温が続いた後に気温が急落したためか、身体が既に「秋」を感じていて妙にしんみりした気分になっている。まだお盆も超えていないのだが、盛り上がる曲よりちょっと落ち着いた曲が身体にしみる。まぁ、明後日からまた連日35度を超える快晴が続くようなので、また自律神経とかがぶちこわされそう。

仕事の進捗

本日も日中の用事はなかったので仕事が順調に進む。本業の方もちょっといろいろあったが無事に重い仕事が終了。ちょっと休憩して請負仕事のほうもそこそこスムーズに進む。ちょっと運動がてら配達も行ったが、2時間程度でそこそこ収入あり。8月からは毎日1日あたりの目標の作業量をクリアしている。日記は偉大だわ。

本日の財政

やはり普段からの生活費が高い。どこかで生活習慣そのものを大きく見直す必要がある。

本日の運動

ラジオ体操と2時間ほどのサイクリング。体重は昨日とほぼ同じ。

斧投げバー

護身術のことを調べていたら、なぜか浅草に「斧投げバー」というすげぇものがあることを知る。文字通り、斧を投げられるバーである。

ところで、私が好きな本に「飛び道具の世界史 火を投げるサルが宇宙を飛ぶまで」というのがあるのだが、この本によれば「正確に物を投げる」ということは(ごくごく一部の例外を除いて)人間しか持たない能力の一つのようだ。石を投げることで猛獣から距離をとって逃げることから始まり、木の棒にとがった石を括り付けてマンモスなどの巨獣を狩ることができるようになり、弓矢や火器を発明し、ついには月まで人類を送り届けることができるようになった。人間は投げるのが大好きな動物である。なので、斧を投げることは何一つ間違っていない行為であり、そのうち絶対に行きたいところが一つ増えた。Twitterで「誰か行きたい人はいるか」と聞いたら何人か興味があるとのことなので、コロナが落ち着いたらここでオフ会をしたい。

Amazonでアルフレッド・W. クロスビー, Crosby,Alfred W., 千重子, 小沢の飛び道具の人類史―火を投げるサルが宇宙を飛ぶまで。アマゾンならポイント還元本が多数。アルフレッド・W. クロスビー, Crosby,Alfred W., 千重子, 小沢作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また飛...

ところで、妻は物を投げるのがめちゃくちゃ下手であり、「ボールを投げるとなぜか後ろにボールが飛ぶ」という人間だが、ここを教えたら「投げてみたい」といったのがどう反応すればいいのだろうか。

世界やばい

さきほど、イスラエル軍がガザ地区で戦闘を開始したとのこと。ほんと世界大丈夫か。西暦2023年は来ませんでした、とかほんとうにやめてほしい。

明日へのメモ

・ブログ用の写真撮影
・8月8日17時オンライン会議。絶対に忘れないこと。
・受給者証の確認
・ふりかけの購入

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする