職場が真夏日にエアコン壊れると(特に)発達障害者は命に関わるよねってお話

こんばんわ。くらげです。



掌編爆死

昨日の掌編は見事に皆さんスルーいただきありがとうございます。ボクに小説っぽいのを書く才能はないと自覚できたので良かったです。書くけどな!

今晩は月が奇妙に綺麗です。 澄んで凜とした黒色の中を、煌めかんばかりの月光を浴びた綿雲が轟轟とした風に運ばれています。 ...

夏は死ぬ

梅雨明けしてない

連日、梅雨の雨が全部九州に行っちゃったんじゃないかというくらいにカンカン照りで真夏もかくやという程度にくそ暑いです。まだ梅雨明けしてないとか嘘だろうと。

あお、絶体絶命

そんな中、あおの会社のエアコンがぶっ壊れて修理不能、という最悪の事態に陥っています。入居している建物自体が古いために空調機の予備部品がなく、直せないそうです。

会社のフロアの風通しもよくないため、扇風機をつけても35度を軽く突破し、そんななかで仕事をしているんですね。普通の人でも下手したら死にますけど、あおは汗をかきにくく体に熱がこもりやすい体質です。下手しなくても死にます。

どのくらい熱がこもりやすいかというと、体温が約38度になるくらいにやばいです。死にます。即座に社長に連絡して保冷剤を投下してもらいました。

休ませたい

空調はいつ直るかわからなくて頭抱えるしかないんですけど、これってもうエアコン直るまで仕事休ませたほうがいいんじゃないですかね・・・。あまりやすみたくないといっていますが。なんで21世紀の新宿のど真ん中でガチサバイバルしてるんですかね!?

こんばんわ。くらげです。 体調が悪いです 本日はあおと二人揃ってぶっ倒れております。低気圧&熱がこもるタイプのジメジメさでもう動けないで...

発達障害と夏

外に出られない

ところで、発達障害クラスタはどの季節も基本的に体調が駄目な人多いですが、特に夏は外に出ることができない方も少なくないです。

あおのように身体の体温調整能力が弱いので熱中症になりやすいというケースもあれば、眩しくてサングラスをつけても目が痛むとか、日焼けで全身が痛くなるとか、そういうエラーが起こりやすい。

なんでだろうなぁと考えると、生まれつき自律神経がうまく働かないとか、過敏症の類いが起きやすいからかなぁと。

こんばんわ。くらげです。 発達障害は肉体的な障害である NHKで発達障害の偏食が放送されます 明日(2017年4月5日)、...
こんばんわ。くらげです。 発達障害の偏食が放送されました 本日(2017年4月5日)の「おはよう日本」(NHK)では昨日のブログで書いた...

ADHDのボクはというと逆に汗が出すぎてシャツがぬれて気持ち悪いとか起こりますけど、命に関わるほどのエラーは今のところ起きてないです。

防暑対策も限られるけど

とにかく夏の暑さは本当に命に関わるので、特に発達障害があるなら人一倍気をつけましょう。周囲も無理にでも水を飲ますとか、保冷剤をぶっ込むとか、強制的に休ませるとかしましょう。死ぬぞ。

まぁ、ボクができるのは弁当をできるだけ冷ましたのを作るのとか夕飯を冷たい麺やおかずを作るとかアイスを買うとかそういうのしかできないわけですけども。

踏ん張りましょう

しかしまぁ、暑い日が続くようです。皆さん、防暑対策はしっかりして踏ん張りましょう。でわ。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談
15151372_922612661202917_1424986504_n1 「ボクの彼女は発達障害」のくらげと寺島ヒロが再タッグ! ADHD・難聴のサラリーマン「くらげ」とアスペルガー症候群の漫画家「寺島ヒロ」が発達障害に関するエトセトラを傍若無人に放言しまくる対談集です。 発達障害あるあるネタをイラスト付きでお楽しみください!
【過去の記事をお得にお買い求めいただけるようになりました!】(各500円)
第1巻(1〜10話)
第2巻(11〜20話)
第3巻(21話〜30話)
第4巻(31話〜40話)